ヤン・マイエン島(読み)やんまいえんとう(英語表記)Jan Mayen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤン・マイエン島
やんまいえんとう
Jan Mayen

アイスランドの北北東約500キロメートル、ノルウェー海のほぼ中央にあるノルウェー領の活火山島。面積約373平方キロメートル。最高峰のベーレンベルク火山(標高2277メートル)は、粗面玄武岩の成層火山で氷河を頂く。山腹噴火が多く、1970年と1984年の割れ目噴火では溶岩流が海に達した。1607年にイギリスの航海者H・ハドソンが発見したが、1614年に捕鯨基地を設けたオランダの船長ヤン・マイエンにちなんで名づけられた。1929年にノルウェー領になった。気象台とレーダー基地がある。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android