ヤン・マイエン島(読み)やんまいえんとう(英語表記)Jan Mayen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤン・マイエン島
やんまいえんとう
Jan Mayen

アイスランドの北北東約500キロメートル、ノルウェー海のほぼ中央にあるノルウェー領の活火山島。面積約373平方キロメートル。最高峰のベーレンベルク火山(標高2277メートル)は、粗面玄武岩の成層火山で氷河を頂く。山腹噴火が多く、1970年と1984年の割れ目噴火では溶岩流が海に達した。1607年にイギリスの航海者H・ハドソンが発見したが、1614年に捕鯨基地を設けたオランダの船長ヤン・マイエンにちなんで名づけられた。1929年にノルウェー領になった。気象台とレーダー基地がある。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android