ユキヤナギ(読み)ゆきやなぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ユキヤナギ」の解説

ユキヤナギ
ゆきやなぎ / 雪柳
[学] Spiraea thunbergii Sieb. ex Bl.

バラ科(APG分類:バラ科)の落葉低木。名は、雪が積もったように小白花を開き、葉の形がヤナギに似ていることによる。また、この花形を白米が集まったようすに見立て、コゴメバナ(小米花)ともいう。なお、同属のシジミバナも別名コゴメバナというが、花が八重咲きなので区別できる。高さ1~2メートルで株立ちとなり、は弓形に曲がる。葉は互生し、線状披針(ひしん)形、長さ2~3センチメートルで両端がとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)があり、葉質は薄い。4月、白色5弁、径約5ミリメートルの小花が散形状に2~5個集まり、前年の枝に多数ついて、一斉に開く。雄しべは約25本、花弁より短く、雌しべは5本。果実は長さ約3ミリメートルの袋果(たいか)になり、毛がなく、秋に熟して裂開する。関東地方以西の本州から九州の川岸の岩上に生え、中国の中西部にも分布する。庭園、公園に広く植栽され、いけ花に使う。陽樹で樹勢が強く、耐寒性もあり、成長が速い。繁殖挿木株分け、実生(みしょう)による。

[小林義雄 2020年1月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ユキヤナギ」の解説

ユキヤナギ

バラ科の落葉小低木。本州(関東以西)〜九州,中国の山地自生。高さ1〜2m。枝は細く,地ぎわから群出し湾曲する。4〜7月,前年枝の葉腋に径約8mmの白色花を3〜7花ずつつけ,枝のほとんど全体が花でうずまる。広く庭木として栽植され,切花にもされる。日本のものは栽植されたものの野生化ともいわれる。繁殖は株分け,挿木,ときに実生(みしょう)による。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android