コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスチニアヌス朝 ユスチニアヌスちょうJustinianian Dynasty

1件 の用語解説(ユスチニアヌス朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスチニアヌス朝
ユスチニアヌスちょう
Justinianian Dynasty

ビザンチン帝国初期の王朝 (518~602) 。マケドニア出身のユスチヌス1世に始り,ユスチニアヌス1世ユスチヌス2世チベリウス2世マウリキウスの諸皇帝を輩出。宗教的には「アカキウスの分裂」に終りを告げ (519) ,アテネの哲学院を閉鎖 (529) ,首都コンスタンチノープルで第5回公会議を開催 (553) するなど正統派信仰の確立に努力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユスチニアヌス朝の関連キーワード詩品観光農園笠松競馬訴訟エジプト人民議会選挙宋雲僧祐ピンダロスバークラダムペルセポリス新選組リアン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone