ユレモ

世界大百科事典 第2版の解説

ユレモ【Oscillatoria】

分枝のない直径4~60μmの円柱状の糸状ラン藻の1属で,細胞糸はまっすぐかまたはゆるやかに曲がる。周囲に鞘(さや)状の細胞壁構造や粘質物質をもたないことが特徴である。種類数が多く,日本では60余種の生育が知られる。世界各地に分布し,いたるところの湿地水中に見られる。細胞糸が互いにからみ合って団塊をつくって浮遊生活をするか,または湿土上などにマット状に生育する。細胞糸ははげしくゆれ運動をする性質があり,和名はこのことに由来し,学名も〈振れ動く〉のである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユレモ
ゆれも / 揺藻
[学] Oscillatoria

藍(らん)色植物、藍藻類の一属の総称。形態的には藍青色円盤状の細胞が一列につながって糸状体になるが、粘鞘(ねんしょう)はもたない。この属には約100種あるが、なかには滑走運動をするものがあることからユレモの名がつけられている。日本では湖沼、池、どぶ川などの水中・水底のほか、海岸の岸壁にも生える汎布(はんぷ)種である。

[小林 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のユレモの言及

【ベギアトア】より

…水の中の硫化水素を酸化し,硫黄を体内にためる硫黄細菌の仲間である。細菌としては形が比較的大きく,糸状体となったり,また,すべるように運動するところから,細菌よりラン藻類のオシラトリアOscillatoriaに系統的に近いともいわれる。近縁のものに硫黄細菌であるアクロマティウムAchromatium,ティオバシルスThiobacillus,ティオスリクスThiothrixがあり,ベギアトア目Beggiatoalesとしてまとめられている。…

※「ユレモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報