ヨナ書(読み)ヨナしょ(英語表記)Book of Jonah

改訂新版 世界大百科事典 「ヨナ書」の意味・わかりやすい解説

ヨナ書 (ヨナしょ)
Book of Jonah

旧約聖書12小預言書〉の一つ。預言者託宣を集めたものではなくて,ヨナという一人物の物語。内容は以下のとおり。1章,ヨナはニネベの町に行って宣教するよう命ぜられるが,主の命に従わず,タルシシの方へ船で逃げる。途中で嵐が起こり,船は危険に瀕する。嵐がだれのせいかを知るために人々がくじをひくと,ヨナに当たる。ヨナは嵐の責任を追及され,海に投げ込まれるが,大魚にのまれ,その腹の中に3日3夜とどまる。2章,ヨナの祈り。3章,再び神の言葉が臨み,ニネベにつかわされ,その滅びを告知する。人々は悔い改め,神は災いを下すことをやめる。4章,ヨナはこれを不快として神に抗議し,死ぬことを求めるが,神はトウゴマをもってヨナの抗議の不当なことを逆に問い返す。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ヨナ書」の意味・わかりやすい解説

ヨナ書
よなしょ
yônāh ヘブライ語
Jona ラテン語
The Book of Jonah 英語

『旧約聖書』の十二小預言書の一つ。預言者ヨナを主人公に仕立てた風刺的な物語で、広く親しまれている。ヨナは、異教の帝国の首都ニネベへ行って滅亡を預言するよう神の命令を受けるが、これに背いて船で逃げる。途中大嵐(おおあらし)となり、海中に投げ込まれたヨナが巨大な魚に飲(の)まれ、腹の中で三日三晩過ごしたくだりは有名である。ついにニネベに行き、預言すると、人々はみな悔い改めたので、神はこの町を滅ぼすのを思いとどまる。これを不満とするヨナは神に向かって怒る。神はトウゴマを1日で成長させ、その陰でヨナが涼むのを見るや、次の日にそれを枯らす。ふたたび激怒するヨナに、神は、ニネベの人々が滅びるのはなおさら忍びないことであると教える。本来の預言書とは異なる教訓的な書で、神の愛は広く異教徒にも及ぶことを語っている。

 捕囚期以後、イスラエルの宗教思想が急速に排他的な選民主義へ傾いていくことへの批判として、本書は重要な意味をもつ書といわれている。

[清重尚弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ヨナ書」の意味・わかりやすい解説

ヨナ書
ヨナしょ
Book of Jonah

旧約聖書 12小預言書の一つ。預言はごくわずかしか含まれていず,むしろ教訓物語である。ヨナは神から,ニネベの人々に神の裁きを伝える使命を受けるが,反抗したため巨大な魚に飲み込まれる。彼は神に祈り,3日後に魚の腹から陸地に吐き出される。ヨナがニネベで 40日間,ニネベの崩壊を預言すると,王をはじめ人々は悪を悔い,祈りを捧げたため,神は憐れんで裁きを思いとどまる。ヨナは異民族に対する神のこの処置に不満をもつが,やがて神がニネベの人々を惜しむ気持を知り,神の慈悲の普遍的性格を悟る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のヨナ書の言及

【ヨナ】より

…(1)ガテ・ヘペルのアミッタイの子で,北イスラエル王国ヤラベアム2世の時代に,イスラエルの国力回復を預言した主の僕,預言者(《列王紀》下14:25)。(2)旧約聖書《ヨナ書》の主人公。神の命令にそむいて逃げたが,再び宣教につかわされ,ニネベの町の滅亡を告知する。…

※「ヨナ書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android