コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハン[ルクセンブルク家] ヨハン[ルクセンブルクけ]Johann von Luxemburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハン[ルクセンブルク家]
ヨハン[ルクセンブルクけ]
Johann von Luxemburg

[生]1296.8.10. ルクセンブルク
[没]1346.8.26. クレシー
ボヘミア王(在位 1310~46)。ボヘミア名ヤン。のちの神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世の子で,プシェミスル家断絶後ボヘミア王位についた。ボヘミア封建諸侯の反王権的行動に左右されて内政上は指導性を欠いたが,対外問題には積極的に介入。ドイツ騎士団と対抗関係にあったポーランドの王位獲得には失敗したが,1327~31年にはシュレジエンを勢力下に収め,転じて 1330~33年にはロンバルディアの支配権をめぐって戦った。その後もヨーロッパ各地を転戦し,1346年百年戦争中のクレシーの戦いでフランス王フィリップ6世の側に立って戦死。治世にはフランス文化が流入する機会がつくられ,その子カルル1世(神聖ローマ皇帝カルル4世)時代の基礎がしかれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハン[ルクセンブルク家]の関連キーワードクレシー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android