コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハン[ルクセンブルク家] ヨハンルクセンブルクけ Johann von Luxemburg

1件 の用語解説(ヨハン[ルクセンブルク家]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハン[ルクセンブルク家]
ヨハンルクセンブルクけ
Johann von Luxemburg

[生]1296.8.10. ルクセンブルク
[没]1346.8.26. クレシー
ボヘミア王(在位 1310~46)。ボヘミア名ヤン。のちの神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世の子で,プシェミスル家断絶後ボヘミア王位についた。ボヘミア封建諸侯の反王権的行動に左右されて内政上は指導性を欠いたが,対外問題には積極的に介入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハン[ルクセンブルク家]の関連キーワードルクセンブルク家アルム広場ボックの砲台マリエンブルク城ルクセンブルク大公宮殿ルクセンブルクの憲法広場ルクセンブルク[市]ザクセン・ラウエンブルクルクセンブルク条約ルクセンブルク伯領

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone