ヨーロッパ理事会(読み)ヨーロッパりじかい(英語表記)European Council

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ理事会
ヨーロッパりじかい
European Council

ヨーロッパ連合 EUの最高意思決定機関。ヨーロッパ委員会ヨーロッパ連合理事会で解決されなかった重大問題や,EU全体の政治指針などを協議する。EUの各加盟国の首脳,ヨーロッパ理事会常任議長(EU大統領),ヨーロッパ委員会委員長(EU首相)で構成される。外務・安全保障政策担当上級代表(EU外務大臣)も参加し,各国首脳は議題に応じて自国の閣僚の補佐を受ける。本部はブリュッセルで会議は少なくとも年 4回開催される。1974年12月のパリ首脳会議で,EUの前身であるヨーロッパ共同体 ECの閣僚理事会とは別に,首脳会議を定期的に開催すると合意したことから始まる。1983年に政治的統合を促進する「ヨーロッパ同盟に関する宣言」を採択し,1985年に多数決制の導入,ヨーロッパ議会の権限強化などの改革を決定。1986年には単一ヨーロッパ議定書が調印され,その発効に伴い ECの公式機関となった。1992年マーストリヒト条約が調印され,1993年に EUが発足。2009年のリスボン条約の発効により EUの公式機関となった。また同条約により,従来半年ごとの輪番制だったヨーロッパ理事会議長が,任期 2年半で再選が 1度だけ可能な常設の役職となり,EU全体の安全保障政策を担う外務・安全保障政策担当上級代表が新設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヨーロッパ理事会【ヨーロッパりじかい】

European Council。1974年,フランスの提案で実現したヨーロッパ共同体(EC)首脳会談の正式名称。欧州理事会とも。1991年のオランダ・マーストリヒトでの理事会は,ヨーロッパ連合(EU)を構築するマーストリヒト条約を策定したものとして特に名高い。1995年12月のマドリードでの理事会は,単位通貨の呼称をユーロとするなど,経済通貨同盟実現への布石となった。EU発足後EU理事会(各国閣僚により構成)の上に立ち,年2回開催される。
→関連項目単一ヨーロッパ議定書

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ理事会
よーろっぱりじかい
European Council

EU(ヨーロッパ連合)の全政策領域について、大局的見地から指針を示す首脳級の機関。一般に欧州理事会とよばれる。この欧州理事会と閣僚理事会Council of the European Unionは混同しやすいが、前者は首脳級、後者は閣僚級の会合であり、別である。
 欧州理事会は、EU加盟諸国の首脳(国家元首または政府の長)、欧州委員会(ヨーロッパ委員会)委員長および欧州理事会理事長で構成する。議長は欧州理事会理事長が務める。半年に2回、合計年4回の定例会合があり、ほかにも理事長は臨時会合を必要に応じて招集できる。
 欧州理事会は、大局的見地からEU全領域の運営方針を示し、また特定事項についてのEUとしての行動を示す。実務慣行では、このほかにも閣僚理事会で決着がつかなかった事案について政治決着をつける場としても利用される。立法には関与せず、欧州理事会が示した内容が立法措置を要する場合は、欧州委員会・閣僚理事会・欧州議会(ヨーロッパ議会)の三者が関与して立法する。ただし、共通外交・安全保障・防衛政策上の措置は、欧州理事会の指針に基づき、閣僚理事会が具体的な措置を決定する。
 欧州理事会の意思決定は、全会一致で行うものと定められているが、実務慣行では投票に訴えずコンセンサスで決定することがほとんどである。
 なお、欧州理事会の理事長は、リスボン条約で新設された職位である。EU大統領と訳されることもあるが、アメリカの大統領などとは異なり、行政権をいっさいもたない。理事長は、欧州理事会を招集し議長を務め、対外的にはEU外交の顔として世界の首脳級会合でEUを代表できるだけである。[中村民雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヨーロッパ理事会の言及

【ヨーロッパ共同体】より

…この議定書にもとづく改革そのものは,内容的に穏当なものであったが,ミラノで採択された〈域内市場白書〉とともに,〈1992年ブーム〉を引き起こし,1980年代前半ヨーロッパに流布していたヨーロッパ悲観論を払拭し,統合を再活性化するのに成功した。1990年12月ふたたび条約改正のための政府間会議が招集され,1991年12月9‐10日マーストリヒトで開催されたヨーロッパ理事会で大枠について合意が成立し,1992年2月7日マーストリヒト条約が調印された。マーストリヒト条約でECはEUの一部をなすようになったが,依然としてECが中核となっている。…

【ヨーロッパ連合】より

…第2,第3の柱は超国家的ではなく,構成国の全会一致を基本とした政府間協力にとどまっている。制度的には,EC理事会とヨーロッパ政治協力外相会議はヨーロッパ理事会に統一され,EC委員会も名称がヨーロッパ委員会に変更された。 さらにEUでは3度目の条約改正作業が行われ,その成果は1997年10月2日に調印されたアムステルダム条約となった。…

【ヨーロッパ連合】より

…第2,第3の柱は超国家的ではなく,構成国の全会一致を基本とした政府間協力にとどまっている。制度的には,EC理事会とヨーロッパ政治協力外相会議はヨーロッパ理事会に統一され,EC委員会も名称がヨーロッパ委員会に変更された。 さらにEUでは3度目の条約改正作業が行われ,その成果は1997年10月2日に調印されたアムステルダム条約となった。…

※「ヨーロッパ理事会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android