ライデン瓶(読み)ライデンびん(英語表記)Leyden jar

  • ライデン瓶 Leyden jar

翻訳|Leyden jar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス内面外面にスズ箔を張って電極とし,ふたの中央に金属棒を通して,その先端のが内面のスズ箔と接触するようにしたコンデンサ。 1745年にドイツの E.クライストは瓶の中に水を入れ,その中にを入れて起電機から電気を送り,手で釘をさわったところ強いショックを受けた。翌 46年,オランダライデン大学の教授 P.ミュッセンブルークはこれと同じような放電実験をし,ショックの強さで寝込むほどであった。しかし種々実験を重ねて今日のライデン瓶をつくった。これによって電気をたくわえておくことが可能となり,電気の研究に大いに用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

蓄電器の一種。ガラス瓶の内側外側錫箔(すずはく)をはりつけ、金属棒を内部の錫箔に触れるように入れたもの。金属棒を通じて内箔・外箔に異種電荷がたまり、充電される。1746年、ライデン大学の物理学者ミュッセンブルクが放電の実験に初めて使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

初期のコンデンサー(蓄電器)。ドイツのクライストEdwald Georg von Kleistとオランダのライデン大学の物理学者P.vanミュッセンブルークが1745‐46年に独立発明した。ガラス瓶の外面に金属箔をはり,内部に導電性の液体をいれ(あるいは内面にも金属箔をはり),この両者をコンデンサーの両極とする。この発明により電荷を蓄えることができるようになり,静電気の研究に大きな進歩がもたらされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラス瓶の内側・外側に金属箔(はく)を張り、内側の箔には絶縁体の蓋(ふた)を通して電極をつけたもの。これはコンデンサーの働きをする。1746年にライデン大学のミュセンブルークがくふうしたもので、静電気の実験に用いられた。

[山口重雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (一七四六年オランダのライデン大学で、物理学者ミュッセンブルクが初めて放電の研究に用いたところから) 蓄電器の一種。円筒状のガラス瓶の内外面に錫箔(すずはく)を張り、ふたの真中から金属棒を通して内面の錫箔に接触させたもの。相対する錫箔の部分に静電誘導を起こさせる。レイデン瓶。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android