コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライデン瓶 ライデンびん Leyden jar

翻訳|Leyden jar

5件 の用語解説(ライデン瓶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライデン瓶
ライデンびん
Leyden jar

ガラス瓶の内面と外面にスズ箔を張って電極とし,ふたの中央に金属棒を通して,その先端の鎖が内面のスズ箔と接触するようにしたコンデンサ。 1745年にドイツの E.クライストは瓶の中に水を入れ,その中に釘を入れて起電機から電気を送り,手で釘をさわったところ強いショックを受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライデン‐びん【ライデン瓶】

蓄電器の一種。ガラス瓶の内側と外側に錫箔(すずはく)をはりつけ、金属棒を内部の錫箔に触れるように入れたもの。金属棒を通じて内箔・外箔に異種の電荷がたまり、充電される。1746年、ライデン大学物理学者ミュッセンブルクが放電の実験に初めて使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ライデンびん【ライデン瓶 Leyden jar】

初期のコンデンサー(蓄電器)。ドイツのクライストEdwald Georg von Kleistとオランダのライデン大学の物理学者P.vanミュッセンブルークが1745‐46年に独立に発明した。ガラス瓶の外面に金属箔をはり,内部に導電性の液体をいれ(あるいは内面にも金属箔をはり),この両者をコンデンサーの両極とする。この発明により電荷を蓄えることができるようになり,静電気の研究に大きな進歩がもたらされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ライデンびん【ライデン瓶】

初期のコンデンサーの一種。ガラス瓶の内外両面に金属箔を張ったもの。外側導体は大地と同電位にあり、内側導体は鎖および金属棒を通って外部に出ている。ライデン大学で放電の研究に用いたことからの名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライデン瓶
らいでんびん
Leyden jar

ガラス瓶の内側・外側に金属箔(はく)を張り、内側の箔には絶縁体の蓋(ふた)を通して電極をつけたもの。これはコンデンサーの働きをする。1746年にライデン大学のミュセンブルークがくふうしたもので、静電気の実験に用いられた。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライデン瓶の関連キーワード可変蓄電器蓄電器コンデンサーモーター電解コンデンサーマイカコンデンサー空気コンデンサー磁器コンデンサー真空コンデンサー平行板コンデンサー平板蓄電器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライデン瓶の関連情報