コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフサイクルコスト life cycle cost

デジタル大辞泉の解説

ライフサイクル‐コスト(life cycle cost)

製品や構造物を取得・使用するために必要な費用の総額。企画・設計から維持・管理・廃棄に至る過程(ライフサイクル)で必要な経費の合計額をいう。LCC(life cycle cost)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライフサイクルコスト
らいふさいくるこすと
life cycle cost

製品の設計・開発から製造、販売、保守、修繕、最後の廃棄にいたるまでに発生する全費用。略称LCC。あらゆる製品にはライフサイクルコストがあるが、とくに道路、橋梁(きょうりょう)、トンネル、ダムなど、国や自治体が管理する大規模インフラのコストをさすことが多い。高度経済成長期からバブル期に政府、自治体によりつくられたインフラは、その後の税収増で維持費用は十分にまかなえると考え、必要以上に大きく、立派につくられているものが少なくない。しかし実際には税収減により、老朽化が進んでも改修費用を捻出(ねんしゅつ)できず、深刻な問題を抱えたまま放置されているケースもある。そうした設備については旧来のインフラを改修して使い続けるよりも、いったん壊して適正な規模でつくり直したほうがライフサイクルコストを低く抑えられる場合が多い。その際は建設資材には入手しやすい標準的なものを使用すること、保守や改修がしやすいようにデザインをシンプルにすることなどが求められる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のライフサイクルコストの言及

【エンジニアリングエコノミー】より

… 今日のEEの応用分野はきわめて広く多岐にわたっており,最近では資材調達の分野に急速にひろがりつつある。資材やシステムの購入に当たって,購入時点におけるその価格が安いからというだけの理由でそれを採択するのは危険で,その後の修繕,運転,廃却,更新など,その一生涯に要する費用――ライフサイクルコスト(略称LCC)――を考えて経済的なものを選択すべきであるという考え方に立脚する。現在この立場から最も大規模にLCCを採用しているのはアメリカ軍であるといわれている。…

※「ライフサイクルコスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライフサイクルコストの関連キーワードLCC(life cycle cost)いすゞ フォワード・Smoother建物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライフサイクルコストの関連情報