コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライル ライル Ryle, Gilbert

8件 の用語解説(ライルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライル
ライル
Ryle, Gilbert

[生]1900.8.19. ブライトン
[没]1976.10.6.
イギリスの哲学者。オックスフォード大学教授。日常言語学派の中心的人物。哲学の使命は諸種の概念を論理的に規制すること,すなわち新しい知識を生み出すことではなく,既有の知識の論理的地図を改定することであると主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ライル
ライル
Ryle, Sir Martin

[生]1918.9.27. イングランド
[没]1984.10.14. ケンブリッジ
イギリスの天文学者オックスフォード大学卒業。第2次世界大戦中は政府の電気通信関係の部局に勤務 (1939~45) 。戦後ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所研究員 (45~48) ,同大学物理学講師 (48~59) ,同天文学教授 (59) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライル(Martin Ryle)

[1918~1984]英国の電波天文学者。電波干渉計を開発し、宇宙の観測可能領域の飛躍的拡大に貢献。1974年、ヒューイッシュとともにノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライル

オランダ生れのドイツの生理学者。ハレ,ベルリン各大学教授。精神病学草分けとされ,〈精神医学〉は彼の造語。脳と眼の解剖学で有名で,ライル島に名を残すほか,大脳基底核,水晶体の構造等についてすぐれた業績がある。

ライル

英国の電波天文学者。1959年ケンブリッジ大学初代の電波天文学教授。宇宙の電波源の分布を調査,《3Cカタログ》を作成した。1974年ノーベル物理学賞受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ライル【Gilbert Ryle】

1900‐76
イギリスの哲学者。いわゆるオックスフォード日常言語学派の形成と発展に指導的な役割を果たした。主著《心の概念》(1949)では近世以来西欧の哲学の骨格であった心身二元論を〈デカルト神話〉あるいは〈機械のなかの幽霊の神話〉と呼んで徹底的に批判し,哲学書としては異例の大反響を呼んだ。プラトンを中心として古代ギリシア哲学にも造詣が深く,その方面の仕事でも知られている。【黒田 亘】

ライル【Martin Ryle】

1918‐84
イギリスの電波天文学者。電波源の全天調査を行い,《3Cカタログ》をつくる。1939年オックスフォード大学卒業後,空軍のレーダー開発に従事。第2次大戦後,ケンブリッジ大学キャベンディシュ研究所に入り,59年同大学初代の電波天文学教授となる。干渉計方式による電波望遠鏡の能力向上に指導的役割を果たす。宇宙の果て近くまでの電波源の分布を調べ,その業績に対し74年同じグループA.ヒューイッシュとともにノーベル物理学賞を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ライル【Martin Ryle】

1918~1984) イギリスの電波天文学者。干渉計方式の電波望遠鏡を開発、九〇億光年の電波星を観測するなど観測可能領域を飛躍的に拡大した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のライルの言及

【心】より

…意識の諸現象はみな身体という,客観であると同時に主観でもある両義的な存在の世界へのかかわりとして解釈されている。また言語分析の方法によるものとしては,G.ライルの《心の概念》(1949)がデカルト的二元論の批判に成果を収めたが,より根本的・持続的な意義をもつのはウィトゲンシュタインの《哲学探究》(1953)で,伝統的な心の概念の根底である私的言語の見解に徹底的な吟味を加え,〈言語ゲーム〉や〈生活形式〉を基本概念とする新たな哲学的分析の境地を開いている。これらに共通するのは心にまつわる理論的先入見を取り除き,生活世界の経験に立ち返って心の諸概念をとらえ直そうという態度である。…

【日常言語学派】より

…日常言語への定位は,存在や善の概念を分析したケンブリッジ大学のG.E.ムーアによって先鞭をつけられ,日常的言語使用のあり方は中期以降のウィトゲンシュタインの考察の中心となった。一方,オックスフォード大学のJ.L.オースティン,G.ライル,ストローソン等もやや独立に日常言語の分析から哲学的問題に接近した。こうして50年代に日常言語学派が形成されたのである。…

【電波望遠鏡】より

…72年完成の西ドイツの100m鏡(マックス・プランク研究所)は,世界最大のパラボラ鏡であると同時に,精度の面でも一時代を画するものであった。 電波干渉計を発展させた開口合成電波干渉計は,ケンブリッジ大学のライルMartin Ryleらによって1960年代に実用化され,70年代にはその大規模なものが作られるようになった。これは大光学望遠鏡に匹敵する分解能でシャープな電波画像を得ることができる装置であり,イギリス(ケンブリッジ大学),オランダ(ウェスタボーク),また最近ではアメリカ国立電波天文台(ニューメキシコ)で大規模な装置が活動中である。…

※「ライル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライルの関連キーワード電波源電波天文学ヒューイッシュ電波星VLAカシオペヤ座Aウータカモンド電波天文学センター国立電波天文台電波天文台ムラード電波天文台

ライルの関連情報