コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウレンチウス ラウレンチウス Laurentius

2件 の用語解説(ラウレンチウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウレンチウス
ラウレンチウス
Laurentius

[生]?
[没]258
古代ローマの聖人,殉教者。教皇シクスツス2世の助祭で,ウァレリアヌス帝の迫害で教皇とともに殺された。教会財産を譲るように命じられ,貧民を集め,「これが教会の財産である」といって身を差出したため,火あぶりにされたという伝説は疑わしいが,その殉教を記念して,火に関係のある職業に従事する人々の守護聖人として特に祝われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラウレンチウス
ラウレンチウス
Laurentius

教皇シンマクス(在位 498~514)の対立教皇(在位 498,501~505頃/507)。5世紀末,ローマ教会コンスタンチノープル東方教会との間に緊張が高まっていた。和解を目指した教皇アナスタシウス2世(在位 496~498)が死去すると,アナスタシウス2世の政策に賛同する首席司祭ラウレンチウスの一派と,サルジニア(→サルジニア島)の助祭シンマクスの一派が,それぞれ教皇を選出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウレンチウスの関連キーワードヨハネス暗幕銀幕慎莫心膜炎新町菌膜おんまく花火ユリウス[2世]《シンマクス駁論》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone