コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオカイ ラオカイ Lao Cai

5件 の用語解説(ラオカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラオカイ
ラオカイ
Lao Cai

ベトナム北西部,ラオカイ省の省都。中国との国境に面する町で,首都ハノイの北西約 250km,ホン川 (紅河) 左岸に位置する。交通の要地で,ハノイから中国のユンナン (雲南) 省に通じる鉄道が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラオカイ(Laocai)

ベトナム北部、ラオカイ省の都市。同省の省都。首都ハノイの北西約250キロメートル、ホン川とナムティー川の合流点に位置する。中国との国境に近く、昆明と鉄道で結ばれ、国境貿易が盛ん。付近にリン鉱山や鉄鉱石の鉱山がある。1979年に中越戦争の戦場になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラオカイ

ベトナムの北西部,中国との国境付近の町。漢字で老開。ソンコイ川に臨み,ハノイから鉄道で約290km。昆明へも鉄道を通じ,交通・軍事上の要地であった。最近鉄鉱石,リン灰石の採掘が始められ,発電所もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラオカイ【Lao Cai】

ベトナム北部の町。漢字では老開と書く。ハノイの北西260km,トンキン地方北部のソンコイ川の谷の上流,標高90mに位置し,中国雲南省との国境に接する。ハノイから昆河鉄道(滇越(てんえつ)鉄道)で昆明へと通じていた。付近では良質のリン鉱石を産し,リン酸肥料の工場がある。中越国境紛争では1979年にこのあたりが戦場となり,以来鉄道も遮断されたままであったが,96年に再開された。地方空港がある。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラオカイ
らおかい
Laocai

ベトナム北部、ラオカイ省(人口59万5000。1999)の省都。ハノイの北西255キロメートル、ソンコイ川の谷の上流に位置する。中国との国境に近く、中国の昆明(こんめい)とは鉄道で結ばれる。人口1万5364(1989)。人口の70%が少数民族である。近くには同名の燐(りん)鉱石の鉱山があり、リン酸肥料の工場がある。またモモやアンズなどの果物も産する。1979年の中越国境紛争では、この付近が戦場となった。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラオカイの言及

【黒旗軍】より

…19世紀後半ベトナム北部に割拠して,フランス軍に抵抗した中国天地会系の私軍。首領の劉永福は本来,天地会系農民軍の武将であったが,1865‐66年ころ清軍に追われて首領の呉鯤とともにベトナム北部に入り,67年頃からソンコイ川上流の雲南通商路の要衝ラオカイ(老開,保勝)に拠って,中国・ベトナム貿易路を支配する半独立国を形成する一方,グエン(阮)朝に帰順してその私軍黒旗軍を率い,他の中国系匪賊と戦った。しかしソンコイ川を通じての中国交易はフランスの求めるところであり,73年黒旗軍はハノイ占領中のM.J.F.ガルニエを破って殺し,83年にはリビエールを戦死させ,トゥドゥック(嗣徳)帝から嘉賞された。…

※「ラオカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラオカイの関連キーワードタイグエンフエベトナム人越僑チュノムベトナム共和国クック氏ダン・ニーベトナム漢字音

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラオカイの関連情報