コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスコーリニキ

2件 の用語解説(ラスコーリニキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラスコーリニキ

ロシア語で〈分離派〉の意。モスクワ総主教ニコン典礼改革に反対してロシア正教会から破門(1667年)された信徒の称で,〈古儀礼派〉ともいう。宗教の国家統制に異を唱える広範な層の支持を得て,厳しい弾圧と内部分裂にもかかわらず存続,1881年には政府の公認を得た。
→関連項目ニコン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラスコーリニキ【raskol’niki】

17世紀後半にロシア正教会で行われた典礼改革,いわゆる〈ニコンの改革〉の受入れを拒否して正教会から分離した分派の総称。ラスコーリニキとは分離派の意味だが,分離の理由として旧来の典礼に固執したため古儀式派とも呼ばれる。モスクワ総主教ニコン(在位1652‐66)がツァーリ・アレクセイの信を得て懸案の典礼改革に乗りだしたとき,それが典礼書の改訂と典礼慣行の修正といった信仰の本質とはかかわりのない問題であったにもかかわらず,その背後に集権主義的国家教会の圧力を見てとった聖職者と信者はその改革に従わず,分派を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラスコーリニキの言及

【ニコン】より

…さらに俗権に対する教権の優位を主張したため,ツァーリの寵を失い,1658年に総主教を辞任し,66‐67年の主教会議で正式に罷免された。〈ニコンの改革〉自体は強制的に実施されたが,これに反対する多数の聖職者,修道士,信者は破門され,ラスコーリニキ(分離派)または古儀式派と呼ばれる分派をつくった。これによってロシア正教会の活力は大いに弱められた。…

【ロシア】より

…末端の教区教会をあずかる司祭には無学の者もいて教区民からつねに尊敬されていたとは限らないが,信者の出生,死亡,結婚などはすべて教会に届け出て,しかるべき儀式を執行してもらわなければならず,年に1度の懺悔も義務づけられていたので,教会はあらゆる面でロシア人の生活に不可欠の存在であった。
[旧教徒ラスコーリニキ]
 前述の国勢調査では旧教徒と諸分派に属する者は220万人と発表されたが,実際の数はこれをはるかに上回っていたと考えられている。旧教徒あるいは旧儀派とは,17世紀半ばの総主教ニコンによる典礼改革を認めず,国家教会から分かれた正教徒で,ラスコーリニキ(分離派)とも呼ばれる。…

【ロシア正教会】より

… 17世紀前半の混乱の時代を経てロマノフ朝が成立し,教会では総主教ニコンの手で,懸案となっていた典礼の改革が始まった。これは典礼文および典礼方式に関して他の東方正教会とのずれを正すものであったが,多数の聖職者や信徒の反対にあい,反対派は正教会から分離して,ラスコーリニキ(分離派)ないし古儀式派を形成した。教会の活力は弱まり,ニコンも失脚した。…

※「ラスコーリニキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラスコーリニキの関連キーワード教会暦日本ハリストス正教会ポグロムモサラベ聖歌ロシア正教会ロシア正教会と在外ロシア正教会ギリシャ正教会聖ニコライロシア教会カザンの聖母聖堂ハカシア

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone