コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッカ ラッカ Ar-Raqqah

3件 の用語解説(ラッカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッカ
ラッカ
Ar-Raqqah

シリア北東部,ラッカ県の県都。アレッポの東方約 180km,ユーフラテス川左岸に位置する。ギリシアローマ時代の古代都市の上にあり,商業都市として栄えたが,アッバース朝時代には,西方ビザンチン帝国への前線基地本部として重要な役割をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラッカ(Raqqa)

シリア北部の都市。ユーフラテス川中流域に位置する。紀元前3世紀のセレウコス朝時代の古代都市に起源し、東ローマ帝国ウマイヤ朝アッバース朝の支配を経て発展。13世紀にモンゴル帝国の攻撃を受けて衰退した。20世紀半ばより農業が盛んになり、同地方の主要都市の一つになった。12世紀から13世紀にかけて築かれた城壁、バグダッド門などが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラッカ【Raqqa】

シリア北部,ユーフラテス川東岸の都市。人口約3万5000。ギリシア名はニケフォリオンNikēphorion,のちセレウコス2世の名にちなみカリニコスKallinikos。アッバース朝第2代カリフマンスールが772年に円形の都城アル・ラフィカAl Rafiqaを建設。カリフ,ハールーン・アッラシードの〈夏の宮〉の所在地として,またビザンティン帝国への前哨基地として知られたが,13世紀のモンゴル侵寇によって廃墟と化す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラッカの関連キーワードユーフラテス川マラティアカラートジャーバルゼルビーエデリゾールハラビーエチグリスとユーフラテスユーフラテス[川]天上のユーフラテスユーフラテス・ダム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラッカの関連情報