コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドガ湖 ラドガこ Ladozhskoe ozero

2件 の用語解説(ラドガ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラドガ湖
ラドガこ
Ladozhskoe ozero

ロシア北西部,カレリア共和国レニングラード州にまたがる湖。ヨーロッパ最大の湖で,面積 1万7600km2 (島を除く) 。周囲 930km。平均水深は 51m,最大水深 230m。サンクトペテルブルグの北東に広がり,カレリア地峡を隔ててフィンランド湾相対する

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラドガ湖
らどがこ
Ладожское Озеро Ladozhskoe Ozero

ヨーロッパ・ロシア北西部にあるヨーロッパ最大の湖。フィンランドとの国境近くにあり、フィンランド語名ラートカLaatokka湖。一般に英語、フランス語ドイツ語などではラドガLadoga湖といっている。面積1万7700平方キロメートル(島を入れると1万8135平方キロメートル、琵琶(びわ)湖の約27倍)。平均深度51メートル、最大深度230メートル、湖面標高4メートル。
 約660の島(面積計435平方キロメートル)が存在し、うち約500の島が北西部に、約65の島が中央部に分布している。沿岸部で12~5月、中央部で1~3月まで結氷する。水の色は黄褐色で、透明度は中央部でも4.5メートルにすぎない。サケ、ウグイ、スズキ、チョウザメなどの魚類が豊富で、漁業が盛んである。南東岸にオネガ湖より流出するスビル川が、西岸にフィンランドのサイマー湖より流出するボクサ川が流れ込み、南西岸からネバ川がフィンランド湾に流れ出している。これらはボルガ・バルト海水路、白海バルト海運河などにより、バルト海とボルガ流域および白海を結ぶ重要な交通路の一部となっている。スビル川とネバ川との間の交通は、湖の南岸に沿う新ラドガ運河を通じて行われている。第二次世界大戦中、レニングラード(サンクト・ペテルブルグ)がドイツ軍に包囲されたとき、ラドガ湖南西部は物資輸送路となり、「命の道」とよばれた。[宇根 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラドガ湖の関連キーワードオネガ湖カレリア語イングーシ共和国КарелияОлонецカバルディノ・バルカル[共和国]カレリア[共和国]サハ[共和国]モルドビア[共和国]ロシア共和国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラドガ湖の関連情報