コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパポート ラパポート Anatol Rapoport

5件 の用語解説(ラパポートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラパポート(Anatol Rapoport)

[1911~2007]米国の数学者・心理学者。ロシアに生まれ、米国に帰化。国際政治学ゲームの理論を適用、抑止戦略論を批判するなど平和研究の先駆者となった。著「戦争・ゲーム・論争」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラパポート【Anatol Rapoport】

1911‐
アメリカにおける平和研究のパイオニアの一人。ロシアに生まれ,1922年渡米し,のち帰化する。ウィーン国立音楽院でピアノ,作曲,指揮を学ぶ。その後シカゴ大学で数学の学位をとり(1941),数理生物学数理心理学とを専攻した。ミシガン大学の精神衛生研究所時代(1955‐70)に,リチャードソンLouis F.Richardson(1881‐1953)の平和研究の伝統にもとづいて数学的ゲーム理論を応用した平和研究の基礎を確立した。

ラパポート【David Rappaport】

1911‐60
アメリカの心理学者。ハンガリーユダヤ人家庭に生まれ,大学で数学,物理学,心理学を学んだ後,1938年アメリカに移住。アメリカ精神分析協会の臨床異常心理学部門の創設にかかわり,臨床心理学の発展に貢献した。精神分析学の立場から自我心理学社会心理学の統合を目ざした。多方面で活躍したが,おもな仕事に,精神分析理論の体系化,心理検査,特に連想検査法の研究,思考過程とその病態化の研究,分裂病を対象としたロールシャハ反応の思考病理学的分析などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラパポート【Anatol Rapaport】

1911~2007) アメリカの数学者・心理学者。ロシア生まれ。ゲームの理論を国際政治に適用、抑止戦略論を批判。主著「戦争・ゲーム・論争」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラパポート
らぱぽーと
Anatol Rapoport
(1911―2007)

アメリカの数学者、心理学者。アメリカ平和研究の開祖としてケネス・ボールディングとともに著名。ロシア生まれ。1922年渡米し、1928年帰化。ウィーンでピアニストとして活動したのち、シカゴ大学で数学の博士号を得、ミシガン大学で研究した。『戦争・ゲーム・論争』Fights, Games, and Debates(1960)、『囚人のジレンマ』Prisoner's Dilemma(1965、共著)のような名著もそこで生まれた。その後トロント大学で数学と心理学を講じ、ウィーンの高等研究所所長を経てトロント大学に戻った。同大学に「平和科学カレッジ」College of Science for Peaceを開設し、実証平和研究も制度上応用が可能にならない限り平和をもたらしえないと論じて、制度化を含む広範な平和理論を展開した。著書は多く、なかでも『戦略と良心』Strategy and Conscience(1964)、『N人ゲーム理論』N-Person Game Theory(1970)、『人工環境の中での紛争』Conflict in Man-made Environment(1974)、『暴力の起源』Origins of Violence(1989)、『平和』Peace(1993)などは不朽の金字塔である。ほかに自伝『確信と懐疑』Certainties and Doubts(2001)もある。[関 寛治・松尾雅嗣]
『A・ラパポート著、真田淑子訳『操作主義哲学――思考と行動の統合』(1967・誠信書房) ▽坂本義和・関寛治・湯浅義正訳『戦略と良心 上』(1972・岩波書店) ▽A・ラパポート・A・M・チャマー著、廣松毅他訳『囚人のジレンマ――紛争と協力に関する心理学的研究』(1983・啓明社) ▽A・ラパポート著、関寛治編訳『現代の戦争と平和の理論』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラパポートの関連キーワードアメリカの声犯罪心理学マズロートランスパーソナル心理学ティチナー今田恵久保良英中島泰蔵中野佐三野上俊夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラパポートの関連情報