コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争社会学 せんそうしゃかいがく sociology of war; Kriegssoziologie

2件 の用語解説(戦争社会学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦争社会学
せんそうしゃかいがく
sociology of war; Kriegssoziologie

組織的集団間の緊張,対立の結果生じる闘争としての戦争を,その原因や変化,また軍隊組織を社会学的に分析するもの。ここでは戦争そのものを集団論によって分析する場合と,戦争を遂行する組織体と組織過程を官僚制や国防論の観点から分析する場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦争社会学
せんそうしゃかいがく
sociology of war

戦争の本質を探究する社会学。かつてオランダのS・R・シュタインメッツは、その著『戦争社会学』(1929)などのなかで、戦争を必然とみなしてこれが社会発展に及ぼす影響を論じ、ナチス戦争観に影響を与えた。しかし第二次世界大戦後、このような戦争社会学は克服され、1960年代中ごろ定着した積極的平和研究の流れのなかで、ノルウェーのJ・ガルトゥング構造的暴力論や構造的帝国主義論など、戦争社会学への新しい胎動がみられた。ここでは、世界秩序未来計画(WOMP)に代表されるような平和研究の規範的側面の強調に対しては、あくまで実証的な戦争研究としての戦争社会学への方法論上の再強調もなされ、D・シンガーらの『戦争の相関』(1978~79)やL・F・リチャードソンの『死闘の統計学』(1960)などデータ主義に基づいて戦争原因を探究した消極的平和研究の実証的な成果も取り入れられた。70年代後半以降は、軍産複合体第三世界への武器輸出、地球的規模の軍拡競争の複合的諸レベルなど、個別的テーマへのアプローチも進んでいる。旧来の戦争社会学で取り扱われた戦争の起源、展開、意義、機能、および動因への実証的分析は、いずれも平和教育との関連で解明される必要性が強調されている。クラウゼウィッツ型戦略論に対するA・ラパポートの批判も、部分的には戦争社会学的実証性に基づいている。[関 寛治]
『G・ブートゥール、R・キャレーリ著、高柳先男訳『戦争の社会学』(1980・中央大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦争社会学の関連キーワード権力闘争文化闘争公判闘争組織的澱粉葉半数体掛合せボルマン線配当準備金模擬闘争 (mock-fighting)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦争社会学の関連情報