コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマヌジャン ラマヌジャン Ramanujan, Srinivasa (Aaiyangar)

3件 の用語解説(ラマヌジャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマヌジャン
ラマヌジャン
Ramanujan, Srinivasa (Aaiyangar)

[生]1887.12.22. エローデ
[没]1920.4.26. クンバコナム
インド生まれの数学者。子供の頃からけたはずれの記憶力をもっていたという。 15歳のときには,友人が図書館で借りたジョージ・シューブリッジ・カーの『数学通論』 (2巻,1880~86) を読み,その内容を自分のものにしただけでなく,彼自身の定理をつくり,アイデアを展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラマヌジャン【Srinivasa Aiyengar Ramanujan】

1887‐1920
インドの数学者。マドラス州の貧しい家に育ったが,幼少のころから神童ぶりを発揮し,7歳のとき高等学校に入学した。1912年ころから数学の論文を発表するようになり,友人の勧めに従って,ケンブリッジ大学ハーディーG.H.Hardy(1877‐1947)教授にあてて,自分で見つけた100余の定理を含めた手紙を書いたところハーディーは彼の才能を高く評価し,14年にトリニティ・カレッジの奨学生として迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマヌジャン
らまぬじゃん
Srinivasa Ramanujan
(1887―1920)

インドの数学者。神秘なアジアの鬼才といわれる。マドラス(現、チェンナイ)の商人の子として生まれ、幼時から数値の異常な記憶力を示し、大学中退後、商社の会計係として勤務しながら、独学で研究を続けた。1913年イギリスのハーディGodfrey H. Hardy(1877―1947)にあてた手紙が認められ、のちにケンブリッジ大学に招かれた。しかし健康を害し、1919年に小康を得て帰国したが、翌1920年郷里で若死にした。業績としては素数分布についての「ラマヌジャンの予想」などがある。非凡な記憶力と、実例から法則を帰納する神業(かみわざ)のような洞察力に基づくものが大半であるため、その評価はまちまちであるが、数多くの逸話をみても一風変わった天才であることに間違いない。[一松 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマヌジャンの関連キーワードガウスマドラス文化マンロー小戸貧しい貧しマドラーマドラスチェック東インドアーンドラ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラマヌジャンの関連情報