コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングリー ラングリー Langley, Samuel Pierpont

3件 の用語解説(ラングリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラングリー
ラングリー
Langley, Samuel Pierpont

[生]1834.8.22. マサチューセッツロックスベリー
[没]1906.2.27. サウスカロライナエーケン
アメリカ合衆国天文学者物理学者,航空学の先駆者。太陽放射の研究と,飛行機の開発で知られる。土木と建築に従事したのち,ハーバード大学天文台助手を経て,アナポリス海軍兵学校で数学を教え,1867年アレゲニー天文台長およびピッツバーグ大学物理学・天文学教授となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ラングリー

イトウ製菓株式会社が販売するクッキーの商品名。ラングドシャクッキーでクリームを挟んでいる。「チョコ」「バニラ」「抹茶」がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラングリー
らんぐりー
Samuel Pierpont Langley
(1834―1906)

アメリカの天文学者、技術者。ラングレーともいう。マサチューセッツ州ボストンの生まれ。高校卒業後建築技師として働くうち天文学に興味をもつ。1865年ハーバード大学天文台助手に採用され、翌年海軍兵学校の数学准教授となり、付属天文台の再開に尽力し、1867年ペンシルベニアウェスタン大学の天文学・物理学教授兼アレゲニ天文台長に抜擢(ばってき)され、20年間にわたりその任にあった。1887年スミソニアン・インスティチューション書記に任命され、1890年に天体物理観測所を設立した。天体物理学者としての業績は、1879年に放射エネルギーの測定に用いる一種の温度計であるボロメーター(放射計)を考案し、これを用いて太陽面の光度、太陽放射の地球大気による影響、また地球大気に及ぼす効果、赤外線域の強度などを精密測定した。1887年より本来の技術の才能を生かし、空気力学の研究による飛行機の設計に傾倒し、軍の依頼も受けて多大の費用を注いだが、不成功に終わった。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラングリーの関連キーワードマサチューセッツ湾植民地マサチューセッツマサチューセッツ・アベニュー・モデル(Massachusetts avenue model)マサチューセッツ州庁舎Seven Sistersマサチューセッツ教育法マサチューセッツ工科大学クレスジ講堂マサチューセッツ族《マサチューセッツの解放》マサチューセッツ養子法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラングリーの関連情報