コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射計 ほうしゃけいradiometer

翻訳|radiometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射計
ほうしゃけい
radiometer

輻射計ともいう。物体から放出される放射エネルギー照度などを測定する装置。レンズや反射鏡で放射を集束させてから,温度上昇による熱効果は熱電対で,光電効果光電管フォトダイオードで測定する。この装置の精密なものは,放射温度計としても用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃけい【放射計 radiometer】

放射エネルギーを測定する装置。一般にはある面に入射する放射エネルギーの,単位面積当り,単位時間当りの量,すなわち放射照度(単位はW/m2またはcal/m2・s)を測定する。日射計もその一種である。放射は通常,紫外,可視,赤外の広い波長領域の成分を含んでいるから,放射計の分光感度(各波長の単色放射に対する感度)は波長によらず一定でなければならない。このため,表面を黒化した薄い板で放射を受け,その大部分を吸収させて熱に変換させ,それにより生ずる板の温度上昇を測定するいわゆる熱形の検出器を用いることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃけい【放射計】

放射のエネルギーを測定する装置。一本の細い糸につけた二枚の金属板の一方で放射を反射、他方で吸収させたときの回転を利用して測定するクルックス計や、放射を受けたときの温度上昇を利用して測定する熱電対・熱電堆・ボロメーターなどがある。輻射計。ラジオメーター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射計
ほうしゃけい
radiometer

可視光や赤外線などの放射のエネルギーを測定する計器(X線、γ(ガンマ)線などの放射線の測定は放射線検出器を用いる)。断熱した微小な黒体中に放射を吸収させてその温度上昇からエネルギーを測定する熱効果型と、光電効果や光電磁効果により放射を電流などに変換して測定する量子効果型とに分けられる。熱効果型は広い波長域の放射に対して均等な感度をもつことが特徴で、全放射の測定に適している。温度上昇の検出には熱起電力や電気抵抗の変化が利用され、後者の検出方式による放射計はボロメーターbolometerともよばれる。量子効果型は感度が高く応答が速いことが特徴で、微弱な放射や変化する放射の測定、また、走査用光学系とともに用いて広がりをもった対象の放射強度のパターンを測定する目的などに適している。検出器としては光電管、光電子増倍管、種々の半導体素子などが用いられる。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

放射計の関連キーワードジョージ(3世) スムートカッシーニ(惑星探査機)リモート・センシング水循環変動観測衛星ベピ・コロンボ計画セマティックマッパ全球降水観測計画気候変動観測衛星プリングスハイム中層大気観測計画極軌道気象衛星放射エネルギー海色走査放射計赤外線天文学海洋観測衛星ランドサットサーモパイルボロメーター金星探査機ERS