ランサン王国(読み)ランサンおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

インドシナ半島のメコン川中流域に14~18世紀に展開した王国ラオ族古来の政治制度と上座部仏教を結合した王権思想により統治された。ランサンLan Xangとは〈百万の〉のである。統一ランサン時代(1354‐1710前後)と三国時代(1779まで)に分けられる。広義タイ族一派であるラオ族が主要民族であったが,隣接して居住する仏教徒のプアン族などタイ系民族のほか,先住の南アジア系民族(カムー,クイ,ロベンなど)も王国に組み込まれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のランサン王国の言及

【ビエンチャン】より

…この地は早くから開け,碑文などの史料によれば,12世紀には大きな集落があったという。16世紀半ばに中国やベトナムの史書に万象国の名で記されているランサン王国の首都となり,同王国が1707年に分裂してからはビエンチャン王国の首都となった。1827年チャオ・アヌ王がシャム(タイ)に敗れ,王国はタイに併合された。…

【ラオス】より


[歴史]
 現在のラオスの地に南下してきたラオ族は,《ランサン年代記》によれば,最初の統一国家を1353年に現在のルアンプラバンに建国した。この国はランサン王国(ランサンとは〈百万頭の象〉の意)といい,その領域はメコン川中流域から東北タイのコーラート高原までを占め,チエンマイなどを服属させた。16世紀半ばのセーターティラート王のとき,ビルマの侵攻で首都をビエンチャンに移した。…

【ラオ族】より

…一方,メコン川に沿って東進した東ラオ族は,ルアンプラバン,ビエンチャンなどに土侯国をつくった。これらの土侯国群は14世紀中ごろにファーグムの手によってランサン王国として統一された。ラーンナータイ地域は19世紀末までにはシャム王国(現在のタイ王国)に併合され,文化的にもタイの一部になったが,東ラオ族のランサン王国はその後,内部抗争とタイ,ベトナムなど外部勢力の干渉をうけてビエンチャン王国などに分裂し,1899年にはフランス領インドシナ連邦の中に組み込まれた。…

※「ランサン王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android