コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバレネ Lambaréné

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランバレネ
Lambaréné

ガボン西部の都市。モアイヤンオゴウェ州の州都。リーブルビル南東約 150km,オゴウェ川の中州に位置。河川運輸の河港,木材の集散地として発展。大規模なパーム油工場もあり,周辺ではゴム,石油を産する。フランスの A.シュバイツァーが医療活動を行い,没した地として有名。人口約2万 6000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ランバレネ

ガボン西部の町。オゴウェ川に臨む。1913年シュワイツァーの建設した病院の所在地として知られる。空港がある。約1万5000人(1993)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランバレネ【Lambaréné】

アフリカ中西部,ガボン共和国西部の小都市。人口2万6000(1978)。オゴウェ川の中流,河口のポール・ジャンティルから約200kmの地点にある。1913年にA.シュワイツァーがここの原住民部落から2kmほど離れた地点に病院を建設し,キリスト教の人道主義に基づく治療活動を始めてから,世界的に有名となった。65年のシュワイツァー没後も病院は存続している。【西野 照太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ランバレネ【Lambaréné】

ガボン西部の都市。シュバイツァーが医療・伝道を行なった地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランバレネ
らんばれね
Lambarn

アフリカ中西部、ガボン西部にある町。人口1万9400(2002推計)。リーブルビルの南東150キロメートル、オゴウエ川沿岸に位置する。ドイツの医師で思想家のA・シュワイツァーが1913年から死去(1965)するまで、伝道と医療活動を行った地として知られる。同博士の墓やシュワイツァー平和記念病院があるほか、郵便局、銀行など各種施設も整っている。[端 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のランバレネの言及

【シュワイツァー】より

…05年にパリ・バッハ協会を創立したが,この年の春に霊的衝撃を感じて黒人医療に一生を捧げる決意をし,医学の修業に入った。11年に結婚,12年に医学博士となり,13年には看護婦であった妻とともにフランス領赤道アフリカ(現,ガボン共和国)のランバレネに渡り,ここに熱帯病病院を建てて医療活動に入った。その後の神学著作には《使徒パウロの神秘主義》(1930)があるが,関心は文明論に移って,《文化哲学》2巻(1923),《インド思想家の世界観》(1935)などを刊行した。…

※「ランバレネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ランバレネの関連キーワードシュワイツァー(Albert Schweitzer)アルベルト シュバイツァーオゴウェ[川]ムウィラ高橋 功信行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android