ラ・フォンテーヌ(英語表記)La Fontaine, Jean de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・フォンテーヌ
La Fontaine, Jean de

[生]1621.7.8. シャンパーニュ,シャトーチエリ
[没]1695.4.13. パリ
フランスの詩人。モリエール,ラシーヌ,ボアローと親交を結び,彼らとともにルイ 14世治下のフランス古典主義文学の黄金時代を築いた。主著は 12巻から成る『寓話詩』 Fables (1668~94) およびボッカチオらに取材した官能的な韻文物語集『風流譚』 Les Contes et Nouvelles en vers (64~74) 。「新旧論争」においては古代派に属したが,ギリシア・ラテンの作家を奴隷的に模倣することは慎むべきであると説いた。ほかに,長詩『アドニス』 Adonis (58) ,詩を交えた散文小説『プシシェとキュピドンの恋』 Les Amours de Psyché et de Cupidon (69) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・フォンテーヌ

ベルギーの政治家法律家国際司法裁判所設立を推進,国際連盟代表。1913年ノーベル平和賞。

ラ・フォンテーヌ

フランスの詩人。法律を学ぶ。財務総監フーケに長詩《アドニス》(1658年)を献じ,これが出世作となって以後,有力者の庇護(ひご)を得て詩作した。《寓話詩》12巻(1668年―1694年)で代表的古典主義作家となる。これはイソップ,インド寓話をはじめ古代,中世,16世紀の作品から取材し,あるいは創作した240編からなり,社会批判,平和・正義への希求をこめた一大人間研究書である。そらんじやすい美しい詩句,生き生きとした動物の姿などによって,子どもも含めて広く親しまれている。ほかにボッカッチョアリオストに倣(なら)った《コント》,小説,戯曲など。
→関連項目寓話新旧論争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

367日誕生日大事典の解説

ラ・フォンテーヌ

生年月日:1807年10月4日
カナダの政治家
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android