コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・フォンテーヌ ラ・フォンテーヌLa Fontaine, Jean de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・フォンテーヌ
La Fontaine, Jean de

[生]1621.7.8. シャンパーニュ,シャトーチエリ
[没]1695.4.13. パリ
フランスの詩人。モリエール,ラシーヌ,ボアローと親交を結び,彼らとともにルイ 14世治下のフランス古典主義文学の黄金時代を築いた。主著は 12巻から成る『寓話詩』 Fables (1668~94) およびボッカチオらに取材した官能的な韻文物語集『風流譚』 Les Contes et Nouvelles en vers (64~74) 。「新旧論争」においては古代派に属したが,ギリシア・ラテンの作家を奴隷的に模倣することは慎むべきであると説いた。ほかに,長詩『アドニス』 Adonis (58) ,詩を交えた散文小説『プシシェとキュピドンの恋』 Les Amours de Psyché et de Cupidon (69) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・フォンテーヌ

ベルギーの政治家法律家国際司法裁判所設立を推進,国際連盟代表。1913年ノーベル平和賞。

ラ・フォンテーヌ

フランスの詩人。法律を学ぶ。財務総監フーケに長詩《アドニス》(1658年)を献じ,これが出世作となって以後,有力者の庇護(ひご)を得て詩作した。《寓話詩》12巻(1668年―1694年)で代表的古典主義作家となる。
→関連項目寓話新旧論争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

367日誕生日大事典の解説

ラ・フォンテーヌ

生年月日:1807年10月4日
カナダの政治家
1864年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ラ・フォンテーヌの関連キーワードフーケ(Nicolas Fouquet (Foucquet))ラ・フォンテーヌ(Jean de La Fontaine)ムーア(Marianne Craig Moore)国際情報ドキュメンテーション連盟ブライアン ワイルドスミス〈フランス〉Adonisギュスターヴ ミショーファーブル(寓話集)ラ・サブリエール夫人タルマン・デ・レオーダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)シャトーティエリーラファイエット夫人フュルティエールメリアン ムーアボグダノービチラフォンテーヌワンコーウィチワイルドスミスボッカッチョ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・フォンテーヌの関連情報