コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ロシュフーコー ラ・ロシュフーコー La Rochefoucauld, François, duc de

4件 の用語解説(ラ・ロシュフーコーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ロシュフーコー
ラ・ロシュフーコー
La Rochefoucauld, François, duc de

[生]1613.9.15. パリ
[没]1680.3.16/17. パリ
フランスモラリスト。フランス屈指の大貴族の家系に生れ,しばしば政治的陰謀に利用され,リシュリュー公と争ったり,フロンドの乱に参加したりの波乱の半生をおくったのち,1653年失意のうちに隠退生活に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラ・ロシュフーコー

フランスのモラリスト。大貴族の出身。宰相リシュリューに対する陰謀に荷担,投獄された。またフロンドの乱に反乱軍の一員として参加,敗れて引退した。《箴言集》(1664年)は明晰・簡潔な文体で人間のエゴイズムを突き,失意の政治生活で深められたペシミズムを反映する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

ラ・ロシュフーコー

あまりにも性急に恩返しをしようとするのは、一種の忘恩行為だ。\ラ・ロシュフーコー
フランスのモラリスト(一六一三~八〇)。

ラ・ロシュフーコー

世間は、人物の値打ちそのものよりも、ややもすれば、値打ちがありそうに見える人に報いがちだ。\ラ・ロシュフーコー
フランスのモラリスト(一六一三~八〇)。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・ロシュフーコーの関連キーワードNパリアパリジェンヌ没・歿勃・歿・没アワ・マン・イン・パリヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone