コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ロシュフーコー ラ・ロシュフーコーLa Rochefoucauld, François, duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ロシュフーコー
La Rochefoucauld, François, duc de

[生]1613.9.15. パリ
[没]1680.3.16/17. パリ
フランスのモラリスト。フランス屈指の大貴族の家系に生れ,しばしば政治的陰謀に利用され,リシュリュー公と争ったり,フロンドの乱に参加したりの波乱の半生をおくったのち,1653年失意のうちに隠退生活に入った。スキュデリー嬢やサブレ夫人のサロンに出入りし,ラファイエット夫人セビニェ夫人と親交を結んだ。当時のサロン,特にサブレ夫人の周辺で流行していた,知的遊戯ともいうべき「格言」に手を染め,名高い『箴言 (しんげん) 』 Réflexions ou Sentences et Maximes morales (1665) を著わした。そこでは簡明直截な表現で,人間の本質がうがたれている。ほかに『回想録』 Mémoires (62) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・ロシュフーコー

フランスのモラリスト。大貴族の出身。宰相リシュリューに対する陰謀に荷担,投獄された。またフロンドの乱に反乱軍の一員として参加,敗れて引退した。《箴言集》(1664年)は明晰・簡潔な文体で人間のエゴイズムを突き,失意の政治生活で深められたペシミズムを反映する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ラ・ロシュフーコー

あまりにも性急に恩返しをしようとするのは、一種の忘恩行為だ。\ラ・ロシュフーコー
フランスのモラリスト(一六一三~八〇)。

ラ・ロシュフーコー

世間は、人物の値打ちそのものよりも、ややもすれば、値打ちがありそうに見える人に報いがちだ。\ラ・ロシュフーコー
フランスのモラリスト(一六一三~八〇)。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

ラ・ロシュフーコーの関連キーワードグラシアン・イ・モラレスロングビル公夫人クレーブの奥方サン=レアルボーブナルグカラクテール堀田善衛ランクロ内藤 濯

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android