ラーテル(英語表記)ratel

翻訳|ratel

世界大百科事典 第2版の解説

ラーテル【ratel】

別名ミツアナグマ。好んでハチの巣を襲い,みつを食べる食肉目イタチ科の哺乳類(イラスト)。外観はアナグマに似て胴が太く短く,四肢が太いが,頭頂から尾の基部までの背中によく目だつ灰色ないし白色の幅広い帯が走る。他の部分は暗褐色ないし黒色肛門腺はよく発達し,悪臭のある液を飛ばすことができる。体長60~75cm,尾長20~25cm,体重7~13kg。セネガルからスーダン喜望峰に至るアフリカ大部分に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーテル
らーてる
ratelhoney badger

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イタチ科ラーテル属に含まれる動物の総称。この属MellivoraはアフリカラーテルM. capensis1種とする考えと、そのうちサハラ砂漠以北からアラビア半島に分布するものだけをアフリカラーテルとし、インド北部やネパールのものはインドラーテルM. indicaという別種とする説とがある。最近では前者が有力となっている。ラーテルはその食性からミツアナグマともよばれるが、アナグマよりもずっとがっしりした体形で、体長60~80センチメートル、尾長20~30センチメートル。黒褐色の毛色をしているが、頭頂部から腰にかけて幅広い白、灰、淡黄色の帯が1本通っている。肛門腺(こうもんせん)から悪臭を放つ分泌物を出すので、スカンクの模様と同じく、この白帯は警告の役割をしている。草原や疎林にすみ、夜も昼も活動し、地中の昆虫やネズミ、いもなどを掘り起こして食べるほか、トカゲやヘビ、その他の動物の死体も食べる。悪臭がする分泌物を出すだけでなく、毛皮が堅くてヒョウなどの歯も通らないうえに、ラーテル自身の歯やつめが強大なので、ほかの動物はラーテルを避ける。またラーテルは気が荒く、ことに発情期には巣の近くに入ってきたヒツジ、ウシ、レイヨウ類も攻撃する。しかし、キツツキ目の小鳥ミツオシエとだけは、ハチの巣をめぐっての協力関係がつくられている。すなわち、ハチの幼虫や蜜蝋(みつろう)を好んで食べるミツオシエは、自身ではハチの巣を壊すことはできないため、巣をみつけるとラーテルを探して独特の声で案内し、ラーテルが壊して食べたあとでそれらを捕食することが知られている。ラーテルの野生での繁殖習性はわかっていないが、飼育下では1産2子である。[朝日 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラーテルの関連情報