コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リガーゼ ligase

翻訳|ligase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リガーゼ
ligase

結合酵素の意で,国際酵素規約の分類法による第6群に属する酵素の総称。高エネルギーリン酸結合の分解に伴って,2個の分子を結合させるもので,一般式はA+B+ATP→A-B+ADP+リン酸 (またはA-B+AMP+ピロリン酸) と書ける。実例としては,シトルリンアスパラギン酸からのアルギノコハク酸合成,酢酸とコエンザイムAからのアセチルコエンザイムA合成などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

リガーゼ

 シンテターゼ合成酵素ともいう.ATPなどの高エネルギーリン酸結合を利用してC-N,C-C結合などを新たに合成する反応を触媒する酵素.DNA鎖の修復などはこの酵素の一つDNAリガーゼによる.そのため,遺伝子工学にも汎用される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リガーゼ【ligase】

合成酵素,シンセターゼsynthetaseともいう。大部分はATP(アデノシン三リン酸),特殊な例ではGTP(グアノシン三リン酸),NAD(ニコチン酸アミドジヌクレオチド)などのリン酸化合物の分解と共役して,2個の分子の間に共有結合を形成させる反応を触媒する酵素の総称。反応の結果として生成する結合の種類は,C-O結合(エステル),C-S結合(チオエステル),C-N結合(アミド,ペプチドなど),C-C結合,P-O結合(ホスホジエステル)など多岐にわたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リガーゼ
りがーぜ
ligase

アデノシン三リン酸(ATP)などの高エネルギー結合の加水分解により遊離されたエネルギーを利用して2個の分子を結合させる反応を触媒する酵素の総称で、合成酵素またはシンテターゼsynthetaseともいう。酵素分類では6群に属する。この反応の結果として生成する結合には、C‐O結合(アミノアシル転移RNA合成酵素)、C‐S結合(アセチル補酵素A合成酵素など)、C‐N結合(グルタミン合成酵素など)、C‐C結合(ピルビン酸カルボキシル化酵素など)などがあり、この結合の種類によっても細分されている。系統名としてはamino acid : t-RNA ligase (AMP)というように、結合する物質をコロン(:)で結び、その後にリガーゼとつけ、ヌクレオシド三リン酸の分解物(ADP:アデノシン二リン酸やAMP:アデノシン一リン酸など)を括弧(かっこ)に入れて付記する。
 リガーゼは、アミノ酸、ヌクレオチド、脂肪酸などの生体構成成分の合成をはじめ、タンパク質合成の初段階におけるアミノ酸の活性化、核酸塩基の生合成などに重要な役割を果たしている。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリガーゼの言及

【組換えDNA】より

…どちらの方法も,特定遺伝子の活性を測定できるよう巧みにくふうされている。DNA断片をプラスミドやウイルスに組み込むためには,制限酵素によるプラスミドDNAの切断と,リガーゼによる遺伝子DNA断片とプラスミドDNAの結合反応を行わせ,その結果組換えDNAが形成する。ある生物種の全DNAを断片化し,プラスミドにそれぞれ組み込ませたものを,遺伝子ライブラリー(図書館)という。…

※「リガーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リガーゼの関連キーワードリンダール(Tomas Lindahl)アミノアシルtRNAシンテターゼサクシニルCoA合成酵素コハク酸チオキナーゼDNAポリメラーゼカルボキシラーゼATPアーゼサンジャルUBE3A脂肪酸回路TCA回路ユビキチン酵素番号核酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android