コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスクヘッジ リスクヘッジ risk hedge

3件 の用語解説(リスクヘッジの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リスク‐ヘッジ(risk hedge)

相場変動などによる損失の危険を回避すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リスクヘッジ【risk hedge】

ヘッジ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスクヘッジ
りすくへっじ
risk hedge

広く一般に「危険を避けること」をさし、死亡、事故、失業など、不慮の事態に備えて保険に入ることもリスクヘッジの一種である。株式や外国為替(かわせ)商品などの資産運用分野では、分散投資してリスクを抑えることを意味する。
 投資の世界では、「卵は同じ籠(かご)に入れるな」の格言どおり、資産を分散することがリスクヘッジにつながると経験上知られていた。たとえば、株式相場の下落局面では、先物取引で空売りするなどの反対売買が有効であるとされてきた。アメリカ人のノーベル経済学賞受賞者、H・M・マルコビッツはリスク(収益率のばらつき度合い)とリターン(収益率)を統計的数値に置き換え、投資先を分散すればリスクヘッジできることを数学的に証明した。
 以後、マルコビッツの理論は近代ポートフォリオ理論として発展。金利変動、為替変動、信用、流動性、地政学的などの各リスクに対し、収益率が反対方向に変動する(相関係数がマイナス1に近い)投資先を組み合わせることで、リスクヘッジする手法が開発された。ただ近代ポートフォリオ理論は統計学に基づいており、2008年のような予想を大きく超える経済危機時にはヘッジ機能が働かず、限界があることもわかっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスクヘッジの関連キーワード為替のカバー為替のマリー為替予約実勢レートエスカレーター条項差益差損固定相場制(Fixed Exchange Rate System)為替変動リスクヘッジファンド Hedge Fund

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リスクヘッジの関連情報