コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッジウェー リッジウェーRidgway, Matthew Bunker

6件 の用語解説(リッジウェーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッジウェー
リッジウェー
Ridgway, Matthew Bunker

[生]1895.3.3. バージニアフォートモンロー
[没]1993.7.26. ペンシルバニア,ピッツバーグ
アメリカの陸軍軍人,元帥。リッジウェイとも表記される。 D.マッカーサーの後任として極東連合軍最高司令官に就任,日本の復興などを指揮した。 1917年陸軍士官学校卒業。第2次世界大戦中は空輸軍団を率いて各地を転戦,特に 43年7月シチリア島攻略にあたってアメリカ陸軍史上初の大空輸強襲作戦を立案敢行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リッジウェー

米国の軍人。バージニア州フォート・モンロー生れ。1917年ウェスト・ポイント陸軍士官学校を卒業,1932年フィリピン総督の技術顧問となる。1937年陸軍大学卒業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リッジウェー Ridgway, Matthew Bunker

1895-1993 アメリカの軍人。
1895年3月3日生まれ。第二次大戦ヨーロッパ戦線で米空挺軍団を指揮。1950年朝鮮戦争で米第八軍司令官となる。マッカーサー解任後の1951年,朝鮮の国連軍最高司令官と日本占領の連合国軍最高司令官を兼任。1952年離任し,NATO軍最高司令官。1953年陸軍参謀総長。1993年7月26日死去。98歳。バージニア州出身。陸軍大学校卒。

リッジウェー Ridgeway, Robert

1862-1938 アメリカの鉄道技術者。
1862年10月19日生まれ。昭和5年来日。ニューヨーク地下鉄工事の経験をもとに,丹那(たんな)トンネルの開削工事,関門海底トンネルの設計,東京の地下鉄工事などに技術指導と助言をした。1938年12月19日死去。76歳。ニューヨーク州出身。ハーバード大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

リッジウェー【Matthew Bunker Ridgway】

1895‐1993
アメリカの軍人。バージニア州フォート・モンロー生れ。1917年陸軍士官学校,37年陸軍大学卒業。第2次世界大戦中は第82空挺師団長として43年のシチリア島攻略作戦などを指揮。大戦終了後,アメリカ大陸防衛会議議長,カリブ海方面司令官,陸軍参謀次長を務めたのち,朝鮮戦争ではアメリカ陸軍第8軍司令官として中国人民義勇軍北朝鮮軍と戦う。このとき,マッカーサーの中国本土攻撃論に反対した。51年にマッカーサーの後任として対日占領連合国軍最高司令官,韓国派遣国連軍最高司令官に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッジウェー
りっじうぇー
Matthew Bunker Ridgway
(1895―1993)

アメリカの軍人。バージニア州フォート・モンロー生まれ。陸軍士官学校、陸軍大学校に学ぶ。第二次世界大戦中は空挺(くうてい)部隊司令官として活躍し、シチリア島攻略作戦やオランダ、ベルギー、ドイツ北部での作戦に従事。朝鮮戦争最中の1950年12月には第8軍司令官に就任して、北朝鮮軍および中国義勇軍の進攻に対する反撃作戦を指揮した。翌1951年4月マッカーサーが解任されたことにより、その後任として対日占領連合軍最高司令官、韓国派遣国連軍最高司令官となる。1952年アイゼンハワーの後任として北大西洋条約機構軍最高司令官に就任し、1953年からは陸軍参謀総長を務めた。1955年6月退役。[藤本 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リッジウェーの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone