コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リプスコム リプスコム Lipscomb, William Nunn, Jr.

2件 の用語解説(リプスコムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リプスコム
リプスコム
Lipscomb, William Nunn, Jr.

[生]1919.12.9. オハイオクリーブランド
[没]2011.4.14. マサチューセッツケンブリッジ
アメリカ合衆国の化学者。1941年ケンタッキー大学を卒業。第2次世界大戦科学技術省に勤務。1946年カリフォルニア工科大学で学位取得,ミネソタ大学を経て,1959年ハーバード大学ギブズ研究所の化学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リプスコム
りぷすこむ
William Nunn Lipscomb
(1919―2011)

アメリカの化学者。オハイオ州クリーブランドに生まれる。1941年ケンタッキー大学を卒業後、カリフォルニア工科大学大学院で物理と化学を学び、1946年に博士号を取得した。第二次世界大戦中は軍関係の研究に携わった。1946年ミネソタ大学で教員となり、1954年から教授を務め、1959年ハーバード大学の教授となった。
 リプスコムは、ボラン(水素化ホウ素)の研究で知られている。ボランは1910年代に発見された物質で、従来の化学結合論では説明のつかない奇妙な構造が話題になった。彼は、超低温でボランの結晶にX線を照射し、その構造を解析した結果、価電子が不足する電子不足化合物であるボランの多面体構造の解明に成功した。この解析法は、その後も広く化学分野で応用されるようになった。この業績に対し、1976年ノーベル化学賞が授与された。その後リプスコムは、核磁気共鳴法を用いて複雑な分子の三次元構造を調査する研究に進み、さらにタンパク質や酵素など天然有機化合物を研究の対象とした。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リプスコムの関連キーワードオハイオハイオクバイオハザードIIIバイオハザード アウトブレイクバイオハザード3 LAST ESCAPEバイオハザード0バイオハザード リバイバルセレクションオハイオ研究オハイオ・スタンダード[会社]スタンダード・オイル・オブ・オハイオ[会社]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リプスコムの関連情報