コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヤド Riyadh

翻訳|Riyadh

百科事典マイペディアの解説

リヤド

サウジアラビアの首都。アラビア半島北東部の内陸地帯にあり,名はアラビア語で〈庭園〉を意味する。元来ナジュドの主都で,官庁,各国公館,王宮,大学(1957年創立)がある。
→関連項目サウジアラビアダンマームファイサルフフーフブライダ湾岸協力会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

リヤド【Riyadh】

サウジアラビア王国の首都。同国の中央部、砂漠の中にあるオアシス都市。リアド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リヤド
りやど
Riyadh

サウジアラビアの首都。アラビア半島のほぼ中央、ネジド台地の標高594メートルに位置し、ワジ・ハニーファとその支流のワジ・アイサーン、ワジ・バサの合流点にある。人口372万4100(2003推計)。古来、広大なナツメヤシのプランテーションがあり、地名は庭園を意味する。1902年クウェートに亡命していたサウド家のアブドゥル・アジズ2世(通称イブン・サウド)がこの地を奪回したころは、高さ約7メートルの厚い土塀に囲まれた、迷路の町であった。1932年サウジアラビア王国が成立すると首都となり発展した。
 とくに第二次世界大戦後は石油収入により急速に近代化され、広い道路に沿い各省の本部やホテル、高級住宅、商店が並んでいる。王宮が威容を誇るほか、ワッハーブ派イスラム教徒の本拠地として数多くのモスクがある。かつてはジッダに置かれていた外務省、外国公館も、リヤドへの外国人流入を規制する方針が緩和されたことにより、1983年リヤドに移転した。[片倉もとこ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リヤドの関連キーワードアブド・アルアジーズ・ブン・サウードアブドラ・イブン・アブドル・アジズナエフ・ビン・アブドルアジズサウド・アル・ファイサルディルイーヤのトライフハマド アルサヤーリGG原油・DD原油レバノン国民協約オン ケンヨンイブンサウードサード ハリリダハナー砂漠イブンサウドガジ ヤワルビンラディンガワール油田オアシス都市カク テヒムサイリママスマク城

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リヤドの関連情報