コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウキュウガモ リュウキュウガモ Dendrocygna javanica; lesser whistling duck

2件 の用語解説(リュウキュウガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウキュウガモ
リュウキュウガモ
Dendrocygna javanica; lesser whistling duck

カモ目カモ科。全長 41cm。頭頸部は灰褐色,腹部は褐色で脇には灰色横斑がある。雨覆と腰は褐色。背は黒褐色で褐色の縞模様がある。風切,尾羽,脚は黒色で,尾羽には渇色の横帯がある。インドからジャワ島中国南部にかけてのアジア南部に繁殖分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウキュウガモ
りゅうきゅうがも / 琉球鴨
whistling duck

鳥綱カモ目カモ科リュウキュウガモ属に含まれる鳥の総称。この属Dendrocygnaには、南半球主産の8種があり、種のリュウキュウガモD. javanicaのみが北半球の沖縄(琉球(りゅうきゅう))まで記録があるがまれである。全長40~56センチメートルと体は中形、小形で、頸(くび)と足が長く、尾が小さい。体をおこした姿勢を保ち、水かきが大きいため水上に低く浮く。羽色は種によって独特であり、種のリュウキュウガモは最小種で褐色型であるが、赤褐色や黒色部のあるはでな羽色や蓑羽(みのばね)のある種もある。声は甲高い笛音で、小群あるいは雌雄で鳴き合う。カオジロリュウキュウガモでは雌雄間の相互頭かき行動が発達している。沼地、スイレンの浮く沼、マングローブ林などにすみ、社交性が強く数百羽、数千羽の群れをなし、ねぐらと採餌(さいじ)場間の移動、あるいは季節的に群れ移動を行う。雌雄は仲がよく、永久的なつがいで生活する。巣縄張りはなく、1腹10卵以上の場合も少なくない。雌雄とも抱卵する。巣は、地上営巣性のものと、アカハシリュウキュウガモのような樹洞営巣性のものがあり、後者には、その木に止まる習性からtree duckの英名もある。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュウキュウガモの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧カモ(鴨)ハイイロガン(灰色雁)ホシハジロ(星羽白)リュウキュウガモ(琉球鴨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone