コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューネブルク リューネブルク Lüneburg

4件 の用語解説(リューネブルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューネブルク
リューネブルク
Lüneburg

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州の都市。ハンブルクの南東約 40km,リューネブルガーハイデの北東端にあり,同地方の中心都市。 956年にその名が現れ,1247年に都市権を獲得。 14世紀にはハンザ同盟の一員として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リューネブルク(Lüneburg)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の都市。中世より17世紀まで製塩業で発展。港湾をもつリューベックを結ぶ「塩の道」の起点にあたる。旧市街にある市庁舎、聖ヨハニス教会、赤煉瓦(れんが)造りの民家など、北ドイツゴシック様式やルネサンス様式の歴史的建造物が数多く残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リューネブルク【Lüneburg】

ドイツ北部,ニーダーザクセン州の都市。人口6万2225(1980)。10世紀以来岩塩の産地として名高く,塩取引によってリューベックと結ばれ,中世を通じてハンザ都市の中で有力な地位にあった。ブラウンシュワイクリューネブルク太公国に属したが,高い独立性を保持した。近世以降急速に衰え,政治的独立性をも失った。第2次大戦による戦禍をほとんど受けず,古都の面影を今日によく伝える。【高橋 理】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リューネブルク
りゅーねぶるく
Lneburg

ドイツ北部、ニーダーザクセン州リューネブルク県の県都。人口6万7400(2000)。ハンブルク南東約50キロメートル、やせた旧期氷堆石(ひょうたいせき)丘リューネブルガー・ハイデの北縁に位置する。中世以来、塩泉を利用する製塩の町で、17世紀までリューベック経由でバルト海方面に塩を供給して繁栄した。13~18世紀の市庁舎や民家など、れんが造の北ドイツ・ゴシック様式やルネサンス様式の建造物が多く、往時の繁栄をしのばせる。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リューネブルクの関連キーワードウォルフスブルクオルデンブルクゲッティンゲンシュターデツェレハノーバーヒルデスハイムリューネブルガーハイデアウトシュタットニーダーザクセン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リューネブルクの関連情報