コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョコウバト(旅行鳩) リョコウバトpassenger pigeon

翻訳|passenger pigeon

世界大百科事典 第2版の解説

リョコウバト【リョコウバト(旅行鳩) passenger pigeon】

ハト目ハト科の鳥(イラスト)。カナダの中部,南部からルイジアナおよびフロリダにかけての北アメリカの東部で繁殖し,合衆国南東部の諸州で越冬していたが20世紀初めに絶滅した。全長約43cm。頭部と上面は青灰色で,肩羽に黒い縦斑があり,雨覆に黒い小斑がある。風切は灰黒色。下面は豊かなぶどう色,腹は白い。灰褐色の尾はくさび状で長い。くちばしは黒く,脚は赤色,虹彩は橙赤色。1腹1個の卵を産み,両親で2週間抱卵し,さらに2週間育雛(いくすう)した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリョコウバト(旅行鳩)の言及

【ハト(鳩)】より

…野生のカワラバトは南ヨーロッパから北アフリカおよび中央・西アジアにかけて分布するが,古くから家禽化され,飼いバトや伝書バトとなって世界的に広がり,さらに飼いバトが逃げ出して半野生状態になったドバト(イラスト)が公園や神社や広場など人が餌を与えるところにはどこでもすんでいる。一方,かつてはたくさんいたのに絶滅したものもあり,その代表的な例は19世紀まで数百万の大群が北アメリカに生息していたリョコウバト(イラスト)であろう。 アオバト亜科はアオバト属Treron,ヒメアオバト属Ptilinopus,ミカドバト属Duculaなどが代表的なもので,亜熱帯,熱帯に分布し,緑色や黄色や紅色の羽毛をもつ美しいハトである。…

※「リョコウバト(旅行鳩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android