コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヨテ Louis Hubert Gonzalve Lyautey

世界大百科事典 第2版の解説

リヨテ【Louis Hubert Gonzalve Lyautey】

1854‐1934
フランスの軍人,元帥。ロレーヌの古い軍人の家系に生まれ,騎兵士官としてアルジェリア,本国勤務の後,インドシナ(1894‐97),マダガスカル(1897‐1902)の平定で作戦手腕を認められ,再びアルジェリアに転じて将官に進んだ。レンヌの第10軍団長を経て1912年,保護条約調印後のモロッコで総弁務官(総督)となり,第1次大戦中の一時期陸相に転じたほかは,25年まで在任した。その統治は武力による弾圧と利益誘導による懐柔によって安定した支配を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リヨテ
りよて
Louis Hubert Gonzalve Lyautey
(1854―1934)

フランスの軍人。古い軍人家系の出であるが、早くからアルベール・ド・マンAlbert de Mun(1841―1914)のキリスト教社会主義の影響を受け、またブリュンチエール、ド・レニエらの文人とも交わりをもった理想家肌の植民地統治者として知られる。アルジェリア、インドシナ、マダガスカルと20年近い植民地勤務に手腕を示し、1912年フランスの対モロッコ保護条約調印直後モロッコ駐在総弁務官となった。以後、短期間の陸相在任を除き一貫してモロッコにあり、反抗鎮圧、行政、衛生・福祉事業、道路・港湾・都市建設、教育などに、諸部族上層部の支持を得て治績をあげたが、リフ人の反乱(1924)により辞任した(1925)。1912年アカデミー会員に推され、軍および軍人と、社会とくに植民地経営の関係について多くの著書がある。[石原 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリヨテの言及

【モロッコ】より

… フランス,スペインは,アラウィー朝スルタンの名目的な地位を残したものの,それぞれ統監,高等弁務官を任命して実質的には植民地支配体制をしいた。フランス地区の初代統監はリヨテであり,武力による弾圧のかたわら,利益誘導による懐柔で旧支配者層を利用し,またアラブとベルベルの対立をあおる分割統治策をとった。北部のスペイン支配に対するリーフ戦争(1921‐26)でスペイン・フランス連合軍に敗北した後,フランス人,スペイン人入植者が増加し,それぞれの地区で地方政治の実権を握り,本国と入植者による二重支配の体制が確立した。…

※「リヨテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リヨテの関連キーワードカサブランカ(モロッコの地名)V.L. ソーニエJ. ジョフル11月17日カサブランカケニトラリョーテジョフルラバト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android