コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンキン Tonkin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンキン
Tonkin

ベトナム北部,紅河 (ホンハ。ソンコイ川) デルタを中心とする地域の歴史的呼称。ほぼマー川以北をさす。前漢の武帝時代から中国に服属し,交趾郡あるいは交州などと呼ばれていたが,10世紀に独立。ベトナム人の諸王朝が北方の中国,南方のチャンパ王国と争いつつ盛衰した。 1430年大越 (後黎朝) の首都がトンキン (現ハノイ) に定められ,18世紀初頭から,ここに拠る鄭氏の支配地域が,ヨーロッパ人によってトンキンと呼ばれるようになった。 1872年のトンキン事件などを経て,83年にフランスの保護領となり,87~1945年にはアンナン,コーチシナ,カンボジア,ラオスとともにフランス領インドシナ連邦を構成。第2次世界大戦後は,ベトナム独立運動の中心となった。紅河デルタは肥沃で,米を中心に,ココヤシ,サトウキビなどが栽培される。ハノイ,ハイフォンナムディンなどの大都市があり,近代工業も発達。ホンガイ無煙炭をはじめ,地下資源にも恵まれる。北部,西部の山地にはタイ族,ミヤオ (苗) 族などの少数民族が住む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トンキン

ベトナム北部をさした歴史的地域名で,フランス領インドシナ時代の呼称。Tongkinとも。漢字では東京。ベトナムではバックボ(北部)と呼ばれる。北は中国,西はラオスに接する。
→関連項目アンナン交州コーチシナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンキン【Tonkin】

ベトナム北部の古名で,フランス領インドシナの保護領名。トンキン(ベトナム語でドンキン)の名は,15世紀初頭,ホー・クイ・リ(胡季犛)がハノイを東都とし,レ・タイト(黎太祖)が東京としたことに始まる。17世紀以降,ハノイに拠ったチン(鄭)氏政権をヨーロッパ人がトンキン王国としたことから,北部をトンキンと呼ぶことが一般化した。特に1873年,ソンコイ川(紅河)ルートをねらってデュピュイ,ガルニエらが北部デルタを占拠し,黒旗軍に敗れた事件はトンキン事件としてヨーロッパに喧伝された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トンキン【Tonkin】

ベトナムの北部、ソンコイ川下流のデルタ地帯。米の産地で、石炭資源も豊富。中心都市ハノイ。東京トンキン

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンキン
とんきん
Tonkin

ベトナム北部に対するヨーロッパ人の呼称。ベトナムではバクボ(北部)またはバクキ(北圻)とよぶのが普通である。東京(トンキン)の名は1430年、黎(れい)朝(レ朝)の太祖が前朝胡(こ)(ホ)氏の東都(ドンド。現ハノイ)を改めて東京としたのに始まる。16世紀末以来、黎朝の権臣鄭(チン)氏の支配する北部地域は、陶器、絹の産地としてヨーロッパ人の注目するところとなり、フエ(ユエ)を中心とする阮(げん)(グエン)氏の広南国(コーチシナ)と区別されて、トンキン王国とよばれた。19世紀後半、フランスはベトナムから北部を切り離すために、この名を積極的に用いるようになり、1887年のフランス領インドシナの成立とともに、北部はトンキン保護領として法定された。現在この名はまったく用いられない。[桜井由躬雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トンキンの関連キーワードロード(Alessandro de Rhodes)モース(Wayne Lyman Morse)フランス領インドシナ連邦ピエール グールーソンコイ[川]トンキン湾事件グエン・カーン和田理左衛門カラスアゲハアルマン条約ウチワヤンマエルズバーグバクソン文化シシバナザルラヌッサンタインホア中越戦争ギンダイカッシア南シナ海

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android