コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペタン ペタン Pétain, (Henri) Philippe

6件 の用語解説(ペタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペタン
ペタン
Pétain, (Henri) Philippe

[生]1856.4.24. パドカレー,コシーアラトゥール
[没]1951.7.23. ユー島
フランスの軍人,政治家。陸軍士官学校卒業。戦術論が軍上層部にいれられず昇進が遅れ,58歳で将軍となったが,第1次世界大戦中のベルダンの武勲で一躍名をなし,1918年元帥,20~31年最高軍事評議会議副議長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペタン(Henri Philippe Pétain)

[1856~1951]フランスの軍人・政治家。第一次大戦のベルダンの戦いで国民的英雄となる。1940年に首相となり、ドイツに降伏、ビシー政権を樹立してナチス協力政策を実行。戦後、反逆罪で終身刑。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペタン

フランスの軍人,政治家。第1次大戦中ベルダンの戦でドイツ軍を破り国民的英雄となった。参謀総長等を経て第2次大戦初期には副首相として対独休戦を主張。降伏後はビシー体制下で国家主席

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペタン【Henri Philippe Omer Pétain】

1856‐1951
フランスの軍人,政治家。パ・ド・カレー県に生まれる。1914年の第1次世界大戦開始前夜すでに58歳で,退役寸前の大佐にすぎなかったが,大戦初期の戦闘で功績を示し,将軍となる。当時,陸軍指導部が攻勢作戦による短期決戦中心の戦争理論によっていたのに対し,日露戦争の経験をふまえて防御を固め消耗戦に耐える陣地戦を主張,16年,ドイツ軍の攻勢をベルダンで支えて勝利を収め,名声を博した。翌年,陸軍総司令官に任じられ,18年に元帥となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペタン【Henri Philippe Pétain】

1856~1951) フランスの軍人・政治家。ベルダン攻防戦でドイツ軍を撃退し、第一次大戦の国民的英雄となる。1940年首相となり、ドイツに降伏してビシー政府を樹立し、第三共和制を廃した。第二次大戦後、戦犯として終身刑。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペタン
ぺたん
Philippe Ptain
(1856―1951)

フランスの軍人、政治家。陸軍士官学校、陸軍大学に学ぶ。陸軍大学教官(1901~1910)として歩兵学を講じたが、火力の優越を重視するその理論は当時支配的であった積極攻勢論にあわず、第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)時は大佐にとどまっていた。開戦とともに戦功を収め急速に昇進し、1916年第二軍司令官としてドイツ軍猛攻下のベルダン要塞(ようさい)を死守して「ベルダンの勝利者」とたたえられ、その端正な風貌(ふうぼう)と相まって国民的英雄となった。1917年には全フランス軍の総司令官に就任し、出口のみえない戦争に絶望したフランス軍兵士の相次ぐ不服従運動を温情的処置により抑え、体制の危機を防いだ。大戦終了時に元帥となった彼は、1925~1926年モロッコのリフ人の大反乱を鎮圧し、陸相(1934)、駐スペイン大使(1939~1940)を歴任しフランス陸軍の大御所的存在であったが、第一次世界大戦の経験にとらわれてドゴールの戦車師団重視の理論を軽視する誤りを犯した。1940年春のドイツ軍の大攻勢の最中にレーノー内閣に副首相として入閣し、やがて自ら首相に就任して対独休戦を実現した。ビシー時代には国家元首として「労働、家族、祖国」をスローガンとする権威主義体制の樹立を目ざす一方、強いられてではあったが対独協力政策を実行し、しだいにレジスタンス運動と敵対した。フランス解放後、対敵協力の罪で死刑を宣せられたが、ドゴールにより終身禁錮刑に減ぜられ、服役中に死亡した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペタンの言及

【ビシー体制】より

… 1940年6月22日降伏し停戦協定が調印された結果,フランスはパリを含む北部および大西洋岸一帯をドイツ軍の占領地区,中南部を〈自由地区〉として分断され,6月10日以来パリを退去してボルドーにあった政府は,6月末日中部の温泉地ビシーにその所在地を移した。停戦協定に調印したのは時の首相ペタン元帥であったが,7月10日彼は国民議会の投票(569票対80票)によって第三共和政に終止符をうち,〈フランス国家État français〉の名で新政体を発足させる憲法上の全権を付与され,翌日国家主席の地位についた。こうして成立した新政府は,〈労働・家族・祖国〉をスローガンにかかげて,〈国民革命〉をうたった。…

※「ペタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペタンの関連キーワードトレーズピエロンフルーランスクイーユシャルル・ド・ゴールマンデスフランスレー島ヴィ・ド・フランスブーローニュ・シュル・メールイル・ド・フランスの急崖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペタンの関連情報