コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンヌ レンヌ Rennes

5件 の用語解説(レンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンヌ
レンヌ
Rennes

フランス西部,イルエビレーヌ県の県都。県の中部,イル川とビレーヌ川の合流点に位置し,古くからの交通の要地。地名はケルト系の古代ルドンヌ人の中心集落であったことに由来。中世以来ブルターニュ地方の中心都市としての位置をナントと争い,12世紀以来ブルターニュ公国の首都。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レンヌ(Rennes)

フランス西部、ブルターニュ地方、イル‐エ‐ビレーヌ県の都市。同県の県都。ブルターニュ半島の東部、レンヌ盆地のイル川とビレーヌ川の合流点に位置する。紀元前よりケルト系民族の定住地があり、1世紀頃から古代ローマの属州として栄えた。中世にはブルターニュ公国の首都になった。19世紀に建造された新古典主義様式のサンピエール大聖堂があるほか、巡礼地モンサンミッシェルへの観光拠点としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レンヌ

フランス北西部,ブルターニュ半島基部,イル・エ・ビレーヌ県の県都。肥沃なレンヌ盆地中央,イル,ビレーヌ両川の合流点にある。農産物取引の中心。自動車,出版,電子機器,機械工業情報産業行われる
→関連項目ブルターニュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レンヌ【Rennes】

フランス北西部,ブルターニュ半島,イル・エ・ビレーヌ県の県都。人口20万4000(1990)。イル川とビレーヌ川の合流点にあり,5世紀ごろまでコンダテ(ケルト語で〈合流点〉の意)と呼ばれて,カエサルの定めたレドネス族の主都であった。ブルターニュ公国成立(9世紀)後は公の居城があり,商工業の活発な港湾をもつナントと首都の地位を争った。フランス王国へ併合(1532)されてのちは革命に至るまで,ブルターニュの州権を代表する高等法院が当地に置かれ,首都の地位を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンヌ
れんぬ
Rennes

フランス西部、イル・エ・ビレーヌ県の県都。パリ西南西344キロメートル、ブルターニュ半島東部内陸、レンヌ盆地のイル川とビレーヌ川との合流部に位置する。人口20万6229(1999)。ブルターニュ地方内陸唯一の大都市であり、同地方の中心都市。大学、大司教座、控訴院が置かれ、行政、司法、宗教、商業の機能が卓越し、その影響圏はブルターニュ地方東部一帯に及ぶ。1950年代以降、従来の印刷、繊維、食品の各工業に加えて、自動車産業を中心に工業化が進み、さらに近年は電子工業が盛んとなった。鉄道・道路網の発達によってパリとの結び付きが強まり、工業化が促進された。肥沃(ひよく)な土地に位置することから、古代ローマの属州ガリアの時代から繁栄し、歴史的建造物が多い。1720年に火災があって市街地が焼けたが、裁判所(1618~55年のブルターニュの議事堂)、市庁舎(18世紀)、大聖堂(18、19世紀)などが残る。ガリア時代はケルト系のレドネス人Redonesの中心地となり、地名はこの部族名に由来する。中世に繁栄し、ナントとブルターニュ公領の首都の座を争った。フランス革命中の1793年には王党派のバンデーの反乱に対する共和派の拠点となった。第二次世界大戦中には大きな被害があった。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンヌの関連キーワードバンヌブルターニュカンカルキブロンブルターニュ半島ラ岬ペイドラロアールバセー・フォーブ・ド・ブルターニュセビヨベリル[島]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レンヌの関連情報