リンゲル液(読み)リンゲルえき(英語表記)Ringer solution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンゲル液
リンゲルえき
Ringer solution

リンガー液ともいう。 1882年イギリスの生理学者,S.リンゲル (1835~1910) が,カエルなどの変温脊椎動物から摘出した心臓などを,長く正常に近い状態で保存するために使用した溶液塩化ナトリウム塩化カリウム塩化カルシウムに注射用蒸留水を加え,体液等張にした溶液である。血液の代用液としてしばしば輸液に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リンゲル液【リンゲルえき】

リンガー液とも。英国の生理学者リンガーS.Ringer〔1835-1910〕が創製,血液と等張で,電解質組成やpHなどが調整された。塩類溶液。日本薬局方では塩化ナトリウム8.6g,塩化カリウム0.3g,塩化カルシウム0.33gに注射用蒸留水を加えて全量1000mlとする。動物から摘出した器官を正常な状態で長く残生させるために用いる。なお,温血動物用リンゲル液にブドウ糖を加えたものをリンゲル・ロック液,または単にリンゲル液といい,補液剤として大量出血,下痢・嘔吐(おうと)等による脱水状態などの際に注射。
→関連項目生理的食塩水輸液

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンゲルえき【リンゲル液 Ringer solution】

リンガー液ともいう。イギリスの生理学者リンガーSydney Ringer(1835‐1910)が,1882年カエルの摘出心臓の灌流実験のために処方した最初の生理的塩類溶液。彼は,カエルの心臓を血液の代りに生理食塩水で灌流するとき,食塩だけではすぐ拍動が止まってしまい不十分であるが,これに塩化カルシウムと塩化カリウムを加えると長く活動を続けることを発見した。この液は,1000ml中に塩化ナトリウム8.6g,塩化カルシウム0.3gおよび塩化カリウム0.33gを含み,単独にあれば毒作用を呈するはずのナトリウム,カルシウム,カリウムの陽イオンが互いに打ち消し合って平衡を保っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リンゲルえき【リンゲル液】

血清と同様に浸透圧・無機塩類組成・水素イオン濃度を調整した体液の代用液。イギリスの医学者リンガー(Sydney Ringer1835~1910)が1882年カエルの心臓の灌流実験のために処方したものに基づく。動物生理学・解剖学・医療面で広く用いられている。リンガー液。リンゲル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のリンゲル液の言及

【生理食塩水】より

…動物実験では,ケリカーRudolph A.von Kölliker(1817‐1905)がカエルの筋肉について,蒸留水中では速やかに死ぬが,0.5~1.0%食塩液中では長く興奮性を保つことを見いだしてから,広く動物実験での体液の代用として用いられるようになった。細胞媒体としていっそう好適になるようにしたものが,生理塩類溶液といわれるリンゲル液やロック液などである。変温動物用には,1000ml中食塩6gを含有する0.6%生理食塩水を用いる。…

※「リンゲル液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android