コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生理的食塩水

2件 の用語解説(生理的食塩水の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

生理的食塩水

 等張の食塩液で,補液や注射剤の溶媒として用いられる.濃度は,塩化ナトリウム9g/l

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生理的食塩水【せいりてきしょくえんすい】

外に取り出した生物の器官や組織を,しばらくの間生かしておくための塩化ナトリウム溶液。体内でそれらの器官を取り巻く体液と等浸透圧になるよう調製されており,カエルで0.7%,哺乳(ほにゅう)類では0.9%くらいのものが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の生理的食塩水の言及

【生理食塩水】より

…最も組成が簡単で,血漿と浸透圧の等しい溶液。生理的食塩水ともいう。蒸留水1000ml中食塩(塩化ナトリウム)9gを含む。…

※「生理的食塩水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生理的食塩水の関連キーワード器官結合組織モザイク卵栄養不良滲出生理食塩水摘除蔵出し脂質沈着症門脈循環

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone