コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生理的食塩水

百科事典マイペディアの解説

生理的食塩水【せいりてきしょくえんすい】

外に取り出した生物の器官や組織を,しばらくの間生かしておくための塩化ナトリウム溶液。体内でそれらの器官を取り巻く体液と等浸透圧になるよう調製されており,カエルで0.7%,哺乳(ほにゅう)類では0.9%くらいのものが用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の生理的食塩水の言及

【生理食塩水】より

…最も組成が簡単で,血漿と浸透圧の等しい溶液。生理的食塩水ともいう。蒸留水1000ml中食塩(塩化ナトリウム)9gを含む。…

※「生理的食塩水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

生理的食塩水の関連キーワード急性声門下喉頭炎(仮性クループ)老化にともなう呼吸器の病気と症状鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞子どもの急性喉頭炎ブドウ(葡萄)糖血液ドーピング診断的腹腔洗浄肺胞たんぱく症塩(しお)リンゲル液乳房再建術生理食塩水膀胱損傷食塩注射高圧浣腸妊娠中絶乾燥血漿高温障害生体染色人工栄養

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android