コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンネソウ リンネソウ Linnaea borealis; twinflower

4件 の用語解説(リンネソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンネソウ
リンネソウ
Linnaea borealis; twinflower

スイカズラ科の常緑小低木。北半球の冷温帯や高山に広い分布をもつ,いわゆる周極植物の一つである。エゾアリドオシメオトバナともいう。日本では北海道と本州中部以北の高山の針葉樹林帯の半陰地に生える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リンネソウ

メオトバナ,エゾアリドオシとも。スイカズラ科の小低木。本州中部以北の亜高山〜高山にはえ,北半球の亜寒帯に分布。針葉樹林の下にはえる。茎は分枝して地面をはい,常緑の倒卵形の葉を2列に対生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リンネソウ【twinflower】

高山や亜高山にはえるスイカズラ科の小さな低木(イラスト)。名まえは分類学者のリンネを記念してつけられた。茎は直径1mm,長く地上をはうが,花をつける枝は立ち上がり,高さ5~7cm。葉は対生し卵円形,長さ4~12mm。花は1.4~2cmの花茎の先に2個ずつつき,夏に咲く。花冠は筒状鐘形,長さ7~9mm,白く下向きにつく。おしべは4本で下の2本が長い。小苞は子房に合着し,腺毛がある。子房は下位で3室,うち2室は数個の発育不全胚珠をつけ,1室は1個の大きな胚珠をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンネソウ
りんねそう
[学]Linnaea borealis L.

スイカズラ科の小低木。茎は長く地上をはい、径1ミリメートルと細い。葉は対生し、卵円形で長さ0.4~1.2センチメートル。7~8月、高さ5~7センチメートルで先が二つに分かれる花茎に、それぞれ1個の花をつける。花は下向きに開き、背腹性がある。雄しべは4本、下の2本はすこし長い。子房は腺毛(せんもう)を密生し、下位で3室、2室は発育不全で、他の1室に稔性胚珠(ねんせいはいしゅ)を1個つける。2枚の小包葉は子房に合着する。高山帯や亜高山帯に生え、白山(はくさん)以北の本州、北海道、および北半球の寒帯、亜寒帯に広く分布する。植物分類学者リンネにちなんで、この名がある。
 リンネソウ属は1属1種で、北半球の周極要素である。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンネソウの関連キーワードスイカズラ科亜高山帯忍冬水鬘山さな葛オオシラビソカライトソウタカネバラミヤマキンバイスイカズラ(忍冬)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone