コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクソール ルクソール Luxor

6件 の用語解説(ルクソールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルクソール
ルクソール
Luxor

アラビア語では Al-Uqsur。エジプト中部,キナー県の都市。ナイル川東岸にあり,古代の首都テーベの南半部で,北半部は史跡のカルナック。空港やホテルを擁し,第 18王朝のアメンホテプ3世建造のルクソール神殿や「王陵の谷」をはじめ,遺跡も多く,上エジプト観光の中心地である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ルクソール

古代エジプト時代に首都テーベが置かれた都市。ナイル川東岸にカルナック、ルクソール両神殿があり、死者の場とされた西岸にはツタンカーメンの墓で有名な王家の谷貴族の墓など墓地遺跡、ハトシェプスト女王葬祭殿などがある。79年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

(2006-06-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルクソール(Luxor)

エジプト、ナイル川中流東岸にある観光都市。古代テーベの東部にあたり、ナイル川の東岸にルクソール神殿カルナック神殿、西岸に王家の谷などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルクソール

エジプトの中東部の都市。ナイル川の東岸に位置し,古代エジプト王朝時代を代表する都市,テーベがあった所として知られる。市内にはルクソール神殿が,また北東3kmには,古代エジプト最大の神殿であるカルナック神殿があり,さらにナイル川の対岸には王家の谷があって,エジプト観光の主要スポットの一つになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ルクソール

ビルケンシュトックが販売するサンダル

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルクソール
るくそーる
Luxor

エジプト南部、上エジプトのナイル川東岸にある観光都市。古代エジプトでもっとも栄えたテーベの都の地で、ルクソール神殿など壮大な遺跡群があり、ナイル観光の拠点となっている。人口15万3758(1996)。ナイル川のキーナ屈曲部の始点に位置し、カイロから鉄道、道路のほか空路の便がある。ナイル川東岸の遺跡群はルクソール市街と北方3キロメートルのカルナックとの間に広がっている。エジプト古王国時代には小村にすぎなかったが、中王国時代になりテーベを本拠とするアンテフ1世が古王国のあとの混乱を収め、メントゥホテプ2世が上・下エジプト再統一を達成すると、その首都となった。中王国のあとヒクソスが侵入し、ふたたび混乱期に入ったが、テーベを本拠地とする領主が勢力を伸ばし、アフメス1世のときヒクソスを駆逐し新王国時代となった。中王国・新王国時代のテーベは、地域神から国家神となったアメン神の総本山として、またエジプトの首都として繁栄し、古代オリエントの中心都市となった。ルクソール神殿は、第18王朝のアメンヘテプ3世が建立し、第19王朝のラムセス2世らが増築したもので、カルナックのアメン大神殿のアメン神がオペット祭に臨むため訪れる場所であり、高さ16メートルの円柱列がみごとである。ナイル川沿岸にはホテルが並び、暑さの和らぐ冬に外国人観光客が多く訪れる。対岸には、ツタンカーメン王墓がある王家の谷やハトシェプスト女王の葬祭殿などがあり、観光用フェリーが出ている。1979年ルクソール神殿を含めた遺跡地域が世界遺産の文化遺産に登録された。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルクソールの関連キーワードワディハルファエジプト鼠エジプト文明エジプト綿エジプトはナイルの賜エルカブゲジーラ島サーンイルハガルベニスエフワセト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルクソールの関連情報