ルモンド(英語表記)〈フランス〉Le Monde

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ルモンド

フランスを代表する夕刊紙。第2次世界大戦での仏解放後の1944年、国際的な影響力を持つ仏語紙を望んだドゴール将軍の要請で、対独レジスタンスに参加していたジャーナリストのユベール・ブーブメリ氏によって創刊された。中道リベラルの論調を特徴とし、仏語圏の政財界やインテリ層に大きな影響を持つ。現在は国際ニュース誌クーリエ・アンテルナシオナル、テレビ情報誌テレラマ、月刊の言論紙ルモンド・ディプロマティークなどを傘下に収め、朝日新聞、米ニューヨーク・タイムズ紙などと提携関係にある。

(2008-02-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

ルモンド【Le Monde】

〔世界の意〕
フランスの夕刊新聞。1944年創刊。中立的立場から、分析や解説を重視するのを特色とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルモンドの関連情報