コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイテ島 レイテとうLeyte Island

3件 の用語解説(レイテ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイテ島
レイテとう
Leyte Island

フィリピン,ビサヤ諸島東部の島。面積 7214km2。南北に細長く,けわしい脊梁山脈によって東西に2分される。全般に平野は狭小で,海岸沿いに断続するが,中央部から北部にかけては,脊梁山脈の東側にレイテ平野,西側にオルモク谷が開け,ともに人口稠密な農業地帯である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レイテ‐とう〔‐タウ〕【レイテ島】

Leyte Island》フィリピン中央部、ビサヤ諸島東部の島。レイテ州と南レイテ州からなる。同島北東岸とサマール島サンフアニコ大橋結ばれる。肥沃な土地が多く、米、アバカマニラ麻)、サトウキビトウモロコシなどを産する。東岸のレイテ湾は、第二次大戦末期の日米海軍の激戦地。主な都市は北東岸のタクロバン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイテ島
れいてとう
Leyte

フィリピン中部、ビサヤ諸島東部の島。面積7750平方キロメートル、人口182万8816(1995)。全体に山がちで中央を北西から南東に山脈が貫く。最高点はルナス山(1350メートル)。東岸は年間を通じて雨が多いが西岸は比較的少ない。東半部にはサマル・レイテ人、西半部にはセブ人が住む。いずれも広義のビサヤ人に属し、キリスト教徒になっている。土地が肥沃(ひよく)なので各地からの移住者も多い。中央山地では良質の木材を産し、東岸では米、マニラアサが、西岸ではトウモロコシ、サトウキビなどが栽培される。太平洋戦争の末期、フィリピン奪回を目ざすアメリカ軍の上陸地となり、日本軍との間に激戦が展開された。中心都市はタクロバン(人口17万8639、2000)。1973年レイテ島北部東岸とサマル島を結ぶ大橋サン・ファニコ橋(全長2162メートル)が開通した。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レイテ島の関連情報