レダ(英語表記)Leda

翻訳|Leda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レダ
Leda

ギリシア神話の女性。アイトリア王テスティオスの娘であるが,実の父は,母がテスティオスと結婚する前に交情をもった,シシュフォスの息子のグラウコスであったとする所伝もある。スパルタ王テュンダレオスの妻となったが,白鳥に変身して彼女に近づいたゼウスの愛を受けて2個の卵を産み,それからディオスクロイカストルとポリュデウケスヘレネクリュタイムネストラとの男女2人ずつの子が生れた。このうちヘレネとポリュデウケスはゼウス,クリュタイムネストラとカストルはテュンダレオスによる子であったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レダ(Lēdā)

ギリシャ神話で、スパルタ王テュンダレオスの妻。白鳥に身を変えたゼウスと交わって卵を産み、それからヘレネ・ポリュデウケス・カストル・クリュタイムネストラの四子が生まれたという。
(Leda)木星の第13衛星で、すべての衛星のうち10番目に木星に近い軌道を回る。1974年に発見。名はに由来。非球形で平均直径は約20キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レダ

ギリシア伝説のスパルタ王テュンダレオスの妃。白鳥に変身したゼウスに愛され,卵からヘレネクリュタイムネストラ,ポリュデウケスとカストルのディオスクロイ兄弟が生まれたという。〈レダと白鳥〉は古来作例の多い画題。
→関連項目テュンダレオスはくちょう(白鳥)座

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レダ【Lēda】

ギリシア神話で,スパルタ王テュンダレオスTyndareōsの。2女ヘレネクリュタイムネストラと2男ポリュデウケス,カストルの母。白鳥の姿に変じて言い寄ったゼウスと交わったあと,夫とも同衾したレダは,1個または2個の卵を産み,その卵からゼウスの種としてヘレネとポリュデウケスが,テュンダレオスの種としてクリュタイムネストラとカストルが生まれたという。ただし,カストルの父親もゼウスである(ポリュデウケスとカストルの2人は一般にディオスクロイ(ゼウスの息子たち)と呼ばれる)とか,クリュタイムネストラだけは普通に生まれたとか,またヘレネの実の母親は復讐の女神ネメシスで,鵞鳥の姿に変じた彼女が白鳥姿のゼウスと交わって卵を産み,それをレダがかえして,生まれたヘレネをみずからの娘として育てたとかの異伝が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レダ
れだ
Leda

ギリシア神話に登場する女性。アイトリア地方の王テスティオスの娘で、ヘレネの母。スパルタ王ティンダレオスは、祖国を追われてテスティオスのもとに身を寄せるが、そこで戦功をたててレダを妻にもらい受け、帰国する。しかし、白鳥に変身したゼウスが彼女に通じたその同じ夜に彼も交わったため、彼女は神の血を引くポリデウケスとヘレネ、人間の血を引くカストルとクリタイムネストラを生んだ。異伝では、鵞鳥(がちょう)に変じたネメシスと白鳥姿のゼウスの間に生まれた卵をレダが預り、そこから孵化(ふか)したヘレネを自分の娘にしたともいう。さらに、白鳥(ゼウス)の愛を受けたレダ自身が卵を生んだという説もある。

[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

レダ

(Lēda) ギリシア神話中のマイトリアの王女。スパルタ王テュンダレオスの妻。白鳥の姿に化して近づいたゼウスと交って生んだ卵からヘレネ、ポリュデウケス、クリュタイムネストラ、カストルが生まれたという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報