コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッジョ・ディ・カラブリア Reggio di Calabria

世界大百科事典 第2版の解説

レッジョ・ディ・カラブリア【Reggio di Calabria】

イタリア南部,カラブリア州同名県の県都。人口17万8736(1994)。長靴形のイタリア半島のつま先にあり,メッシナ海峡に臨み,本土とシチリア島とを結ぶフェリーの発着点である。紀元前8世紀ごろ古代ギリシアの植民地として建設され,レギオンRhēgionと呼ばれた。一時,シチリアのシラクサの攻撃に屈した。前270年,ローマの支配下に入り,帝政期を通じて南イタリアで最も重要な都市の一つであった。ローマ帝国滅亡後は,ビザンティン帝国の下で経済的にも文化的にも繁栄し,この地方における東方正教会の中心となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レッジョ・ディ・カラブリアの関連キーワードウンベルト ボッチョーニドナテッラ ヴェルサーチレッジョディカラブリアカラブリア[州]ボッチョーニメッシナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android