コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニン renin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レニン
renin

腎糸球体近接細胞でつくられる蛋白分解酵素の一つで,α2 -グロブリンに作用して,いったんアンギオテンシン Iをつくるが,これは血漿あるいは組織中の転換酵素の作用で活性化されたアンギオテンシン IIとなる。強い血管収縮作用,昇圧効果を示す。したがって,レニンの酵素活性は,これをイヌなどに静脈注射し,その後の昇圧効果をはかって定量される。原発生レニン産生腫瘍では血漿レニン活性は著しい高値を示す。 (→昇圧因子 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レニン

腎臓の傍糸球体細胞から放出されるタンパク質分解酵素一種。肝臓で生産された血漿(けっしょう)成分であるアンギオテンシジンに作用してアンギオテンシン(ポリペプチド,I,II,IIIの3種がある)をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

レニン

 [EC3.4.23.15].腎臓の傍糸球体細胞から分泌されるプロテアーゼで,レニン基質(アンギオテンシノーゲン)に作用してアンギオテンシンIを生成して血圧上昇を引き起こす作用をする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レニン【renin】

主として腎臓の傍糸球体細胞から放出される一種のタンパク質分解酵素で,高血圧の発症あるいは維持に重要な役割を果たすものとして注目されている。1898年ティゲルシュテットR.Tigerstedtらはウサギの腎臓の水抽出液に血圧を上げる作用のあることを見いだし,この物質をレニンと命名した。ところがその後の研究により,レニンそのものには血圧を上げる作用はなく,レニンがタンパク質分解酵素として働いて血清タンパク質からつくられるアンギオテンシンが血圧を上げる作用のあることが明らかとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レニン【renin】

腎臓で生成される一種のタンパク質分解酵素。血圧の調節に関与する重要物質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レニン
れにん
renin

血管収縮作用をもち、脊椎(せきつい)動物の視床下部に働いて飲水行動を引き起こすアンジオテンシンの生成に関与するプロテアーゼで、腎臓(じんぞう)の傍糸球体細胞、下垂体、顎下腺(がくかせん)などでつくられる。血中濃度は食塩摂取量が多いと低下する。ヒトのレニンはまず406個のアミノ酸からなるプレプロレニンとして合成され、N末端のプレペプチド23残基を切り離してプロレニンとなり、さらに43残基のプロペプチドを切り離して最終的に340残基のレニンとなる。分子量はヒトでは約4万で、糖タンパク質である。アンジオテンシノーゲンのアミノ末端から10および11番目のロイシンとバリンLeu-Val(ブタではLeu-Leu)の間のペプチド結合を切断してアンジオテンシンとする。これはさらに、アンジオテンシン変換酵素により、カルボキシ末端からヒスチジル‐ロイシンHis-Leuを切り離されてアミノ酸8個のアンジオテンシン(Asp-Arg-Val-Tyr-Ile-His-Pro-Phe)となり、平滑筋収縮作用を現し、強い血管収縮による血圧上昇をもたらす。レニンは活性部位にカルボキシ基(カルボキシル基)をもち、アスパラギン酸(酸性)プロテアーゼに分類されているが、至適pHは中性ないし弱酸性(pH5.5~6.0)である。放線菌がつくるペプスタチンに強く阻害される。[野村晃司]
『国府達郎・山本研三郎編『レニンと高血圧』(1986・メディカルトリビューン) ▽日本比較内分泌学会編『ホルモンハンドブック』(1988・南江堂) ▽三浦謹一郎編『プロテインエンジニアリング』(1990・東京化学同人) ▽村上和雄・堀比斗志著『遺伝子工学から蛋白質工学へ』(1990・東京大学出版会) ▽平田結喜緒編『血管分子生物学』(1995・メディカルレビュー社) ▽荻原俊男他編『実地診療におけるレニン・アンジオテンシン系抑制薬の手引』(1995・医薬ジャーナル社) ▽日和田邦男他編著『レニン・アンジオテンシン系と高血圧――レニン発見100周年を記念して』(1998・先端医学社) ▽稲上正他著『わが国における循環調節ペプチド・因子研究のサクセスストーリー』(1999・日本臨牀社) ▽日和田邦男他編『ACE阻害薬のすべて』(1999・先端医学社) ▽伊藤貞嘉・堀正二編『アンジオテンシン変換酵素阻害薬と臓器保護』(2001・医薬ジャーナル社) ▽日和田邦男編『高血圧研究の歴史』(2002・先端医学社) ▽伊藤貞嘉著『腎と高血圧――レニン・アンジオテンシン系抑制薬の意義』(2003・メディカルレビュー社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレニンの言及

【腎臓】より

…このホルモンは,遠位尿細管でのNaの再吸収を促進する。なおアルドステロンは,副腎皮質に対する種々の刺激によって出るほか,腎臓の糸球体旁装置から分泌されるレニンを介して分泌が調節されている。 カリウムイオンKは,Naとは裏腹に行動する。…

【ホルモン】より

…プロゲステロンを分泌するので,胎児ではプロゲステロンからコルチコステロン,アルドステロンが合成される。(13)レニン‐アンギオテンシン系のホルモン 腎臓の旁(ぼう)糸球体細胞はレニンという酵素を分泌する。これは血中のアンギオテンシノーゲンに働いて,アンギオテンシンIというアミノ酸10個のものを切り離す。…

※「レニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レニンの関連キーワード低レニン血症性低アルドステロン血症ドミートリ ショスタコービッチ続発性高血圧(二次性高血圧)キヌレニントランスアミナーゼパーヴェル セレブリャコフキヌレニンヒドロキシラーゼ腎性高血圧/腎血管性高血圧レニンL.L. グロムフスカヤバージム メドベージェフヴィクトル ノボジーロフヒドロキシキヌレニン尿症先天性副腎皮質過形成症デビッド ゴリドベルグ原発性アルドステロン症ニコライ ボヤルチコフユーリイ ソロビヨフD.P. ブガエヴァβアドレノレセプターアンドレ ランコフ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レニンの関連情報