コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバレッジ効果 leverage effect

翻訳|leverage effect

デジタル大辞泉の解説

レバレッジ‐こうか〔‐カウクワ〕【レバレッジ効果】

leverage effect》金融におけるてこ原理少額の投資で多額の利益を上げることなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

レバレッジ効果

レバレッジ(=てこ)の作用になぞらえ、少額の投資資金で、大きなリターンが期待できることを指す。例えば、信用取引先物取引などにおいて、当初に投資する金額に対して、数倍の取引を行うことが可能である。そして、対象とする商品の価格変動に対して、大きな損益が発生することを表す。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

事業再生用語集の解説

レバレッジ効果

レバレッジ(=てこ)の作用にたとえ、少額の投資資金で大きなリターンを狙うことをさす。 例えば先物取引や信用取引などでは、はじめに投資する金額に対して、数倍の利益を得ることが可能。逆に、対象商品の価格変動によっては大きな損失が発生することにもなる。

出典|(株)セントラル総合研究所事業再生用語集について | 情報

不動産用語辞典の解説

レバレッジ効果

不動産投資を行う際に、調達する資金を自己資本借入金を組み合わせて行う事により、全額自己資本で調達した時よりも、自己資本に対する投資利回りが向上する効果のこと。(レバレッジ効果・・てこの原理)
例えば、年間収入100万円の物件を自己資金500万円、借入金1,000万円で購入した場合、見た目の利回りは6.7%となりますが、借入金(金利3%で計算)の利息30万円を差し引いた70万円を自己資本500万円で割ると、自己資本に対する投資利回りは14%に跳ね上がる。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について | 情報

M&A用語集の解説

レバレッジ効果

「てこの原理」、すなわち、少ない資本投下で何倍もの収益を生み出す効果のこと。一般的に企業財務の世界では「借入」を指す。買収資金の大部分を銀行借入で調達する場合、少ない自己資金で巨額の買収が可能となり、自己資金の運用利回りを向上させる効果がある。

出典|株式会社ストライクM&A用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバレッジ効果
レバレッジこうか
leverage effect

社債や銀行借入金などの負債を利用することにより,自己資本の利益率が上昇する効果をいう。負債に対する確定支払利子よりも,資本の運用により生じる利益が大であれば,自己資本の利益率は上昇する。逆の大小関係が成立すれば,負の効果が生じる。いずれの効果もレバレッジが大きいほど大となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のレバレッジ効果の言及

【レバレッジ】より

…この変動の増分は,負債の利用という財務上の理由によるものなので,財務リスクと呼ばれる。自己資本利益率のリスク,リターンに対する負債のこの影響をレバレッジ効果という。財務レバレッジの指標としては,自己資本比率(=自己資本/総資本),負債比率(=負債/自己資本)などがよく用いられる。…

※「レバレッジ効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レバレッジ効果の関連キーワードリンチピン・ブランドヨーロッパ投資計画外国為替証拠金取引市場取引用語金融派生商品自己資本比率デリバティブ金融バブル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レバレッジ効果の関連情報