コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバント美術 レバントびじゅつLevant art

1件 の用語解説(レバント美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レバントびじゅつ【レバント美術 Levant art】

スペイン東部のレバント地方に広く分布する,中石器時代の岩陰壁画をいう。それらはレリダタラゴナテルエル,カステリョン,クエンカバレンシアアルバセテムルシアハエンアルメリアの諸地方に広がっており,約40の遺跡が見いだされる。 壁画のほとんどは,赤または黒の単色で描かれた彩画で,刻画はきわめて乏しい。形象は概して小さく,動物像では75cm,人物像では30cmを超えるものは少なく,平均の大きさは10cm前後である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレバント美術の言及

【先史美術】より

…すなわち,頻繁にあらわれる舟や馬車は同時に太陽を意味し,それらが人物や動物とさまざまに関連して,冬の悪霊を追い払い,夏の太陽の力と豊饒を象徴した,とされる。
【イベリア半島の石器時代・青銅器時代の岩面画】

[レバント美術]
 スペイン東部のレバント地方に多くの岩面画がある。赤または黒の彩画で,約1万年前から前3000年ころまで描き続けられた,中石器時代の狩猟採集民の美術である。…

※「レバント美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone