コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビ=ブリュール レビ=ブリュールLévy-Bruhl, Lucien

1件 の用語解説(レビ=ブリュールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビ=ブリュール
Lévy-Bruhl, Lucien

[生]1857.4.10. パリ
[没]1939.3.13. パリ
フランスの哲学者,人類学者。 1899~1927年ソルボンヌ大学哲学教授。 É.デュルケムの協力者としていわゆる「未開人」の思考体系の研究を行なった。彼は「未開」と「文明」を二分してとらえ,「未開人」の思惟方法は「文明人」と異なり,前論理的で神秘的な集合表象によって支えられていると主張し,原始心性なる概念を提示した。のちに合理的思考非論理的な神話的思考も人類に共通な心性の様相であることが実証的に示され,みずからの主張を撤回した。主著『未開社会の思惟』 Les fonctions mentales dans les sociétés inférieures (1910) ,『原始神話学』 La mythologie primitive,Le monde mythique des Australiens et des Papous (35) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レビ=ブリュールの関連キーワード検察官(司法)山田哲人秋山 登接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone