レンニン(英語表記)rennin

翻訳|rennin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別名キモシン chymosin。子ウシなどの胃に存在する酵素。凝乳作用を示すプロテアーゼ (蛋白質分解酵素) の一種。胃中で初めはチモーゲンとして存在するが,酸の作用で活性化する。子ウシの胃または市販のレンネットから結晶として得られる。子ウシが成長すると,レンニン生成は低下し,そのかわりペプシン生産が高まる。レンニンによるペプチド鎖加水分解点は,ペプシンと同様に厳密な特異性を必要としないが,芳香環をもつアミノ酸残基が2つ並んでいる結合がよく加水分解される。牛乳にこの酵素を0℃で Ca+ なしに反応させると凝固が起る。その最適 pHは 5.4以下。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キモシン,凝乳酵素とも。タンパク質分解酵素の一種。哺乳(ほにゅう)類の幼体,特に子牛の第四胃に存在。不活性のプロレンニンとして分泌され塩酸で活性化される。カルシウムの存在下で乳中のカゼインに働いてこれを凝固させる。硫黄を含むタンパク質で分子量約3万1000。レンネット(凝乳剤)としてチーズ製造に利用される。
→関連項目カゼインカード(酪農)チーズホエー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

若い反芻はんすう動物の胃液中にあり、乳のタンパク質であるカゼインをパラカゼインに変化させ、凝固させる酵素。凝乳酵素。キモシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (rennin) 蛋白質分解酵素の一つ。乳児や子牛の胃液中に存在し、消化に働く。分子量約四万の蛋白質でレンネットの作用成分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

EC 3.4.23.4.乳タンパク質であるカゼインを消化しやすいカゼイン(パラカゼイン)にする酵素.芳香族アミノ酸を含むペプチド結合のアミノ基側を加水分解するが,基質特異性は低い.子ウシの反芻胃中に存在し,吸湿性の黄色の粉末.水にほとんど不溶.分子量3.4×104.動物の成長に伴いこの酵素は減少し,ペプシンにかわる.チーズの製造に利用される.血圧調節に重要なペプチドであるアンギオテンシンを生成する酵素レニン(renin)と名前が似ているので混同しないように注意すること.[CAS 9001-98-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレンニンの言及

【レンネット】より

…凝乳酵素レンニンrenninを主成分とする酵素剤。粉末,錠剤あるいは液状で市販されている。…

※「レンニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android